ヨーロッパ視覚文化史

ジャン・ピエロ・ブルネッタ 著 ; 川本英明 訳

レオナルド、中世錬金術、キルヒャー、そして全景図(パノラマ)、透視図(ジオラマ)、幻灯(マジック・ランタン)、立体写真(ステレオスコープ)、覗きメガネ(コズモラマ)、光の箱(カメラ)…エディソン、リュミエール兄弟出現までの"光学的表現(イコン)の海"を航行し、民衆の"眼=思考"の変遷を図版122点とともに考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 船の櫂としての両眼
  • 視覚の世界を航海するヨーロッパ地図のために
  • 眼と光、驚異的な世界の創造と征服
  • 広場と歩みの痕跡
  • 新たな人工の眼と驚異の箱
  • マジック・ランタン
  • 虹の色彩に没頭する
  • 新世界(覗きからくり)
  • 魂の亡霊
  • コズモラマ(覗きメガネ)の悲劇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ視覚文化史
著作者等 Brunetta, Gian Piero
川本 英明
ブルネッタ ジャン・ピエロ
書名ヨミ ヨーロッパ シカク ブンカシ
書名別名 Il viaggio dell'icononauta

Yoroppa shikaku bunkashi
出版元 東洋書林
刊行年月 2010.7
ページ数 606p 図版24枚
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88721-776-8
NCID BB02715748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想