徳川封建経済の研究

高橋亀吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 德川封建制度の經濟機構 / 1
  • 第一章 德川封建制度の機構 / 1
  • 第二章 德川封建の社會・經濟機構 / 15
  • 第三章 德川封建制度に於ける社會・經濟の統制 / 29
  • 第二編 幕末に於ける封建制度崩壊の經濟的硏究 / 61
  • 第一章 總體の槪觀 / 61
  • 第二章 封建制度自體の腐蝕 / 64
  • 第三章 德川時代に於ける資本主義の發逹 / 73
  • 第四章 鎻國に山る資本主義の去勢と幕末の經濟的行詰 / 75
  • 第五章 ベルリ來朝と封建制度破綻の曝露 / 79
  • 第六章 封建日本の改造と德川の倒壊 / 88
  • 第七章 明治維新の經濟革命の必然性 / 93
  • 第三編 德川幕府の燈油價格の統制と其組織 / 97
  • 第一章 德川幕府の燈油統制の意義 / 97
  • 第二章 德川初期に於ける大阪燈油市場の發逹 / 98
  • 第三章 德川幕府の燈油政策 / 101
  • 第四編 德川時代に於ける蠶絲業の變遷及發逹 / 127
  • 第一章 德川時代蠶絲業發逹の槪觀 / 127
  • 第二章 德川時代に於ける蠶絲政策 / 132
  • 第三章 絹織物業の勃興と蠶絲業の發逹 / 155
  • 第四章 海外需要の增大と蠶絲業の發逹 / 173
  • 第五章 生絲の商品經濟化發展と蠶絲業の發逹 / 231
  • 第六章 養蠶及製絲技術の進步と蠶絲業の發逹 / 261
  • 第七章 蠶絲業の農商工業上に於ける地位 / 290
  • 本編參考書目 / 303
  • 第五編 德川時代に於ける棉作及綿業の發逹 / 307
  • 第一章 德川封建經濟に於ける綿の地位 / 307
  • 第二章 德川封建經濟に於ける商品としての綿 / 348
  • 第三章 幕府及各藩の綿政策 / 381
  • 本編參考書目 / 410
  • 第六編 德川時代に於ける甘蔗作及糖業の發逹 / 413
  • 第一章 甘蔗作及製糖業の傳來と其發逹 / 413
  • 第二章 甘蔗作及製糖業發展の原因 / 418
  • 第三章 幕府及各藩の糖業政策 / 422
  • 第四章 甘蔗栽培の農業上に於ける地位 / 449
  • 第五章 製糖業の農家經濟に於ける地位 / 455
  • 第六章 德川封建經濟に於ける商品としての砂糖の地位 / 460
  • 本編參考書目 / 479

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 徳川封建経済の研究
著作者等 高橋 亀吉
書名ヨミ トクガワ ホウケン ケイザイ ノ ケンキュウ
書名別名 Tokugawa hoken keizai no kenkyu
出版元 先進社
刊行年月 昭和7
ページ数 480p
大きさ 23cm
NCID BN09802120
BN14510157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47012389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想