松江藩経済史の研究

原伝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 口繪 在りし日の著者(肖像及び署名) / 卷頭
  • 原稿 / 卷頭
  • 第一篇 松江藩經濟史の硏究
  • 序(著者)
  • 第一章 松江藩に於ける義田制度 / 1
  • 一 序言 / 1
  • 二 松江藩の財政狀態 / 2
  • 三 義田の槪念 / 6
  • 四 義田總高、御禮米の使途及び義田の機關 / 13
  • 五 義田の消滅 / 18
  • 六 結言 / 20
  • 第二章 松江藩の荒政 / 26
  • 一 緖言 / 26
  • 二 事前策 / 27
  • 三 當事策 / 45
  • 四 事後策 / 58
  • 五 結言 / 59
  • 第三章 松江藩の田租法と『輪』 / 64
  • 一 緖言 / 65
  • 二 松江藩の田租法 / 65
  • 三 輪の槪念 / 65
  • 四 田租法に於ける輪の重要性 / 67
  • 五 輪の起源 / 73
  • 六 明治維新と輪 / 74
  • 七 結言 / 75
  • 第四章 松江藩の農家經濟 / 79
  • 一 緖言 / 79
  • 二 本田に於ける米の生產費と租稅 / 79
  • 三 新田に於ける米の生產費と租稅 / 85
  • 四 結言 / 91
  • 第五章 松江藩の製鐵業と農業との關係 / 93
  • 一 序言 / 93
  • 二 松江藩に於ける製鐵業の槪觀 / 93
  • 三 製鐵業の農業に及ぼせる影響 / 95
  • 四 製鐵業の農民の經濟生活に及ぼせる影響 / 100
  • 五 製鐵業及び農業に對する藩の政策 / 104
  • 六 結言 / 107
  • 第六章 松江藩の闕年 / 111
  • 一 序言 / 111
  • 二 松江藩の財政狀態 / 111
  • 三 財政改革の實施 / 116
  • 四 闕年の內容及び實施方法 / 121
  • 五 闕年の影響 / 130
  • 六 松江藩の闕年と德川時代の他の類似仕法との比較 / 141
  • 七 結言 / 144
  • 第二篇 特殊經濟史の硏究
  • 第一章 出雲母里藩に於ける歸農 / 149
  • 一 序言 / 149
  • 二 歸農經過の槪要 / 150
  • 三 歸農の原因 / 151
  • 四 歸農田園分賦の方法 / 155
  • 五 歸農士族卒の總數、分賦總地利米高及び手當錢高 / 159
  • 六 歸農田園買上代金の支拂方法(田地代證劵) / 166
  • 七 歸農政策の結果 / 168
  • 八 結言 / 174
  • 第二章 赤穗藩の備荒貯蓄制度 / 178
  • 一 序言 / 178
  • 二 貯蓄制度の內容 / 179
  • 三 結言 / 193
  • 第三章 石州濱田藩の社倉 / 196
  • 一 緖言 / 196
  • 二 備荒制度の創設 / 197
  • 三 備荒貯糓制度の名稱 / 198
  • 四 社倉籾醵出方法 / 199
  • 五 社倉の管理經營 / 201
  • 六 社倉の利用 / 203
  • 七 社倉籾の借上 / 205
  • 八 社倉と幕府貯糓令による圍穀との關係 / 207
  • 九 社倉の終焉 / 208
  • 一〇 結言 / 209
  • 第四章 濱田藩跡市組の人口 / 212
  • 挿繪 寶曆九年濱田藩跡市組の圖 / 212~213
  • 一 緖言 / 212
  • 二 跡市組の人口數 / 212
  • 三 跡市組人口に關する檢討 / 216
  • 四 結論 / 229
  • 第五章 德川時代農村人口の一例 石見國那賀郡跡市村の實例 / 231
  • 一 緖言 / 231
  • 二 跡市村の人口數 / 231
  • 三 跡市村人口に關する檢討 / 234
  • 四 跡市村人口と石見國との比較 / 237
  • 五 結論 / 238
  • 第三篇 役畜賃貸借の硏究
  • 第一章 出雲地方の鞍下牛 / 239
  • 一 緖論 / 239
  • 二 鞍下牛の槪念 / 240
  • 三 出雲國に於ける農業狀態 / 242
  • 四 鞍下牛の貸借頭數及び貸出地方借入地方間の關係 / 250
  • 五 鞍下牛の貸借期間及び鞍下による作業 / 259
  • 六 鞍下牛の貸借形式、契約方法及び損害の負擔 / 261
  • 七 鞍下料(賃貸借料) / 266
  • 八 鞍下牛貸借の農業經濟に及ぼす影響 / 268
  • 九 鞍下牛慣行存在の條件 / 271
  • 一〇 結論 / 278
  • 第二章 香川・德島地方の『カリコ』牛 / 282
  • 一 序論 / 282
  • 二 賃貸借耕牛の特種名稱及貸借の起源 / 282
  • 三 賃貸借事情槪要 / 283
  • 四 貸出地方及び借入地方の分布並びに貸借頭數 / 284
  • 五 受渡場所及び賃貸借期間 / 285
  • 六 カリコ牛の貸借方法 / 287
  • 七 賃貸借料 / 289
  • 八 損害の負擔 / 290
  • 九 結論 / 290
  • 附錄 年譜及び業蹟

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 松江藩経済史の研究
著作者等 原 伝
書名ヨミ マツエハン ケイザイシ ノ ケンキュウ
書名別名 Matsuehan keizaishi no kenkyu
シリーズ名 日本経済史研究所研究叢書 ; 第2冊
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和9
ページ数 291, 6p
大きさ 23cm
全国書誌番号
47026516
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想