蒐集行為としての芸術

四方田犬彦 著

人はなぜ蒐めるのか。人はなぜ芸術に向かうのか。祭壇から人形まで、写真からアウトサイダー・アートまで、芸術の起源としての蒐集行為を論じた批評エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(洪水の忘却)
  • 2(蒐集行為礼讃
  • 美術館の起源と蒐集行為-中山公男との対話 ほか)
  • 3(不死の肖像-大野一雄
  • 四谷シモンをめぐる断章 ほか)
  • 4(子供たちのラブレー-杉浦茂
  • 終末と救済-楳図かずお ほか)
  • 5(日本という名の群衆-土田ヒロミ
  • 北川健次のために ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蒐集行為としての芸術
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ シュウシュウ コウイ ト シテノ ゲイジュツ
出版元 現代思潮新社
刊行年月 2010.7
ページ数 418p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-329-00464-2
NCID BB02909540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想