満洲に於ける日本の管轄権及国際法上の地位  第3編 南滿洲鐵道附屬地に於ける日本の管轄權

シー・ウオルター・ヤング 原著 ; 拓務大臣官房文書課 訳

原タイトル: Japan's jurisdiction and international legal position in Manchuria

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 露國の管轄權 / 1
  • 第二章 露國地位の發展(一八九八年-一九〇九年) / 8
  • 一 事實上の行政權行使 / 9
  • 二 爾後の露國權利の解釋 哈爾賓市制問題 / 12
  • 第三章 日本の取得したる管轄權 / 15
  • 一 日本の取得したる露國權利の性質 / 15
  • 二 露國の權利を日本に讓與したる條約の效力 / 19
  • 三 南滿洲鐵道會社の性質 / 23
  • 第四章 解釋の問題 / 28
  • 一 各種解釋の批判 / 28
  • 二 領土割讓說 / 29
  • 三 居留地說 / 30
  • 四 準租借說 / 33
  • 五 殖民地鐵道說 / 35
  • 六 行政形態と法的根據とを區別するの必要 / 37
  • 第五章 南滿洲鐵道附屬地の性質及發達 / 41
  • 一 南滿洲鐵道附屬地の眞意義 / 41
  • 二 日本が露國より取得したる鐵道用地 / 44
  • 三 戰時及戰後に取得したる鐵道用地 / 45
  • 四 初期の炭坑問題 撫順、煙臺及本溪湖 / 49
  • 第六章 鐵道附屬地擴張の法的根據 / 50
  • 一 鐵道都市の問題 / 50
  • 二 南滿に於ける土地取得の手續 / 55
  • 三 日本の都市地域點占有默認の實例 / 57
  • 四 安東及奉天鐵道附屬地 / 59
  • 第七章 南滿條約港に於ける日本の管轄權 / 61
  • 一 奉天に於ける管轄權 / 62
  • 二 營口に於ける管轄權 / 65
  • 三 安東に於ける管轄權 / 67
  • 第八章 日本の行政權 課稅權 / 69
  • 一 鐵道附屬地に於ける課稅權 / 69
  • 二 外國居留民に對する課稅權 / 71
  • 三 支那人に對する課稅權 / 74
  • 第九章 日本の行政權 裁判權 / 76
  • 一 支那及鐵道附屬地に於ける治外法權 / 76
  • 二 外國人の治外法權的地位 / 79
  • 三 支那人の地位 / 79
  • 第十章 日本の鐵道守備兵及警察權 / 80
  • 一 華府會議と日木の鐵道守備兵 / 81
  • 二 日本の鐵道守備兵駐屯權の主張 / 86
  • 三 鐵道守備兵及警察の組織 / 89
  • 四 一九一六年の鄭家屯事件 / 91
  • 五 解釋問題に關する實例 / 93

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲に於ける日本の管轄権及国際法上の地位
著作者等 Young, Carl Walter
拓務省
拓務大臣官房課
シー・ウオルター・ヤング
書名ヨミ マンシュウ ニ オケル ニホン ノ カンカツケン オヨビ コクサイホウジョウ ノ チイ
書名別名 Japan's jurisdiction and international legal position in Manchuria
巻冊次 第3編 南滿洲鐵道附屬地に於ける日本の管轄權
出版元 拓務大臣官房文書課
刊行年月 昭和7
ページ数 3冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
47021383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想