「肩の荷」をおろして生きる

上田紀行 著

なぜ日本人は幸福になれないのか。世界有数の豊かさを享受しながら、いつも不機嫌で疲れきった顔をしている人びと。他人の視線ばかりを気にする若者たち。効率ばかりを求める大人たち。誰もが目に見えぬ重圧に、生きづらさを感じている-。本書では、現代人が背負う「肩の荷」の正体を心理学、宗教学、文化人類学の見地を交えながら読み解く。「肩の荷」とは、いったい何を、誰によって背負わされているのか。どうすればおろせるのか。人生の「孤独」と「癒し」の意味を問い直した思想的メッセージの書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜ「肩の荷」をおろせないのか
  • 第1章 「自分」という重荷
  • 第2章 「豊かさ」という重荷
  • 第3章 「親子」という重荷
  • 第4章 「恋愛」という重荷
  • 第5章 「成熟」という重荷
  • 終章 「肩の荷」をおろす生き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「肩の荷」をおろして生きる
著作者等 上田 紀行
書名ヨミ カタ ノ ニ オ オロシテ イキル
書名別名 Kata no ni o oroshite ikiru
シリーズ名 PHP新書 682
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.8
ページ数 269p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79130-2
NCID BB02681260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想