闘争の跡

大山郁夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 闘争の跡
  • 新鬪爭段階への發程に際して(序にかへて)
  • 一、香川の選挙戦を如何に闘つたか?
  • 二、委員長就任の辞
  • 三、熱火の下を潜つて
  • 四、第二回大会を迎えて
  • 五、決戦は近づけり
  • 六、激戦地より帰つて
  • 七、拡大委員会に出席して
  • 八、勞働農民黨の解散とその再起への展望
  • 九、現在の政治と勞働農民黨
  • 勞働農民黨は如何に鬪つたか
  • 第一期 創立より金融恐慌當時まで
  • 第二期 金融恐慌當時より六月末まで
  • 第三期 七月初旬より府縣會選擧戰終了前に至るまで
  • 第四期 府縣會選擧戰終了の前後より全勞農政黨合同提唱の時期に至るまで
  • 本册子纂について / 131
  • 第五期 第二回黨大會より總選擧終了期まで
  • 第六期 總選擧後、三月十五日事件より黨解散に至るまで
  • 勞働農民黨の運動方針
  • 附錄

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 闘争の跡
著作者等 大山 郁夫
書名ヨミ トウソウ ノ アト
書名別名 Toso no ato
出版元 世界社
刊行年月 昭和3
ページ数 163, 73p
大きさ 20cm
NCID BA39198384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47011239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想