東洋経済パンフレット  第19輯

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 問題の多い目下の時局 / 1
  • 增稅は必至の勢であつた / 2
  • 株式所得四割控除の可否 / 4
  • 借金の利子は總べて控除するが善い / 5
  • 人口問題解決の方法 / 7
  • 國民に仕事を與へることが第一だ / 8
  • 國民の投資を阻害するは不可 / 10
  • 賣上稅の不公平 / 11
  • 增稅の經濟界へ及ぼす影響 / 12
  • 農村購買力の培養 / 14
  • 法人は大部分減配しないですむ / 13
  • 凹凸景氣は漸次訂正される / 17
  • 景氣好轉のきつかけ / 18
  • 金輸再禁止後の景氣發展 / 19
  • 慘憺にる昭和五、六年の不景氣 / 20
  • 最近の景氣は下層部へ浸潤 / 22
  • 增稅に堪へる力は有つて居る / 23
  • 我が財政の動向 / 24
  • 景氣・不景氣と增稅及公債政策との關聯 / 26
  • 生產的事業は公債・軍事費は增稅で賄へ / 28
  • 生產高は激增而も過剩の兆候なし / 30
  • 就業勞働者も增加 / 33
  • 發行公債は全部民間に消化された / 34
  • 物價は外國並に上つたに過ぎぬ / 38
  • 爲替の安定と低金利 輸出貿易も惡くはない / 40
  • 生產餘力のある間は惡性インフレは起らぬ / 42
  • 通貨增發と物資需要の關係 / 43
  • 公債の消化も畢竟生產增加の御かげ / 46
  • 消費財の生產餘力あることが日本經濟の强味 / 48
  • 露國の第一次五個年計畫實行の際の困難 / 49
  • 自然金利の意味 / 51
  • 金利はまだ下る / 54
  • 重大な問題は軍事費の膨脹 / 55
  • 生產に不相應な財政支出をすれば破綻の危險 / 56
  • 莫大な遊資を抱く米國財界 / 57
  • 世界經濟の癌・金ブロックの崩壞 / 59
  • 英・米・佛三國爲替並に金協定の意味 / 60
  • 世界的好景氣來の豫想 / 63
  • 日本商品への壓迫も今が頂上 / 66
  • 世界的政治不安も漸次落つく / 67
  • 對支二十一箇條事件の失敗を繰返す危險 / 69
  • 外國に於ける日本の不評判 / 70
  • 外交以外に憂ふべき問題なし / 72
  • 昭和十二年度の財政膨脹と經濟界
  • 生產力に一致せざる財政の膨脹 / 74
  • 國民の消費制限の危險 / 75
  • 不足物資を輸入し得るか / 76
  • 輸入制限の弊害 / 78
  • 豫算の後年度繰越を認むべし / 79
  • 目的を定め正貨を輸出すべし / 81
  • 鬼を出すも佛を出すも自由 / 83
  • 內政關係も漸次良化せん / 84
  • 外交行詰りも今が極度 / 85

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋経済パンフレット
著作者等 石橋 湛山
書名ヨミ トウヨウ ケイザイ パンフレット
書名別名 景気の前途 : 昭和十二年度の財政膨脹と経済界
巻冊次 第19輯
出版元 東洋経済出版部
刊行年月 昭和12
ページ数 86p
大きさ 19cm
全国書誌番号
47038762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想