スリランカの悪魔祓い

上田紀行 著

スリランカでは、「孤独な人に悪魔は憑く」と言う。そして実際、病の人が出たら、村人総出で「悪魔祓い」の儀式を行い、治してしまう。著者は、そこに「癒し」の原点を見た。「癒されたい」人から、自ら「癒されていく」社会へ。孤独に陥りがちな現代日本人に、社会や人とのつながり、その重要性を問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 悪魔に出会う(初めての出会い
  • 悪魔祓いが始まる ほか)
  • 第2章 悪魔に憑かれる(土地が変われば人も変わる
  • 呪術師の村 ほか)
  • 第3章 悪魔を祓う(悪魔との距離
  • なぜ癒されるのか ほか)
  • 第4章 悪魔と遊ぶ(日本人には何かが憑いている
  • トレンドは潜在能力開発だ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スリランカの悪魔祓い
著作者等 上田 紀行
書名ヨミ スリランカ ノ アクマバライ
書名別名 悪魔祓い
シリーズ名 講談社文庫 う60-2
出版元 講談社
刊行年月 2010.7
ページ数 325p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-276698-2
NCID BB02746005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想