和製英語と日本人 : 言語・文化接触のダイナミズム

ジェームズ・スタンロー 著 ; 吉田正紀, 加藤将史 訳

和製英語は悪者ではない。美しい日本語の汚染、英語習得の障壁と非難される「カタカナ英語」。しかし、それは新たな文化の創造に寄与しつづけていることを、アメリカ人言語・文化人類学者が、日常会話や広告、Jポップの歌詞など豊富な事例から解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 和製英語とは何か
  • 2 英語で新たな声をあげる日本女性たち
  • 3 「記号帝国」日本、視覚に訴えかける英語
  • 4 英語との接触に苦闘してきた日本人
  • 5 刺激されるアイデンティティ、ナショナリズム
  • 6 世界の英語・日本の英語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和製英語と日本人 : 言語・文化接触のダイナミズム
著作者等 Stanlaw, James
加藤 将史
吉田 正紀
スタンロー ジェームズ
書名ヨミ ワセイ エイゴ ト ニホンジン : ゲンゴ ブンカ セッショク ノ ダイナミズム
書名別名 Japanese English

wasei eigo & Nippon-jin
出版元 新泉社
刊行年月 2010.7
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7877-1009-3
NCID BB02676271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想