日本コンツエルン全書  第5

小汀利得著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 安田財閥の發展 / 1
  • 第一章 富山から江戶へ / 2
  • 第二章 奉公時代 / 16
  • 第三章 獨立・兩替商開業 / 21
  • 第四章 最初の機會 / 24
  • 第五章 第二の機會 / 29
  • 第六章 第三の機會 / 35
  • 第七章 第三銀行設立 / 44
  • 第八章 地方への進出 / 49
  • 第九章 私立普通銀行の勃興と安田銀行の設立 / 53
  • 第十章 一代の基礎定まる / 56
  • 第十一章 東京電燈と安田の關係 / 64
  • 第十二章 株式制度の發達と安田 / 71
  • 第十三章 日淸戰爭と安田の膨脹 / 74
  • 第十四章 日露戰爭と安田の膨張 / 82
  • 第十五章 保善社を創立 / 93
  • 第十六章 世界大戰と安田の膨張 / 95
  • 第十七章 善次郞大磯の別莊に橫死す / 106
  • 第十八章 五代目善次郞年譜 / 111
  • 第二編 安田財閥の現勢 / 133
  • 第十九章 安田財閥の資本的勢力 / 134
  • 第二十章 保善社及び各銀行の沿革と規模 / 152
  • 第二十一章 信託・保險各社の沿革と規模 / 178
  • 第二十二章 製造事業各社の沿革と規模 / 194
  • 第二十三章 鐵道・電氣・倉庫・土建各社の沿革と規模 / 206
  • 第三編 安田財閥の人的陣容 / 221
  • 第二十四章 機構と人物 / 222
  • 第二十五章 安田善次郞論 / 225
  • 第二十六章 一族の人々 / 240
  • 第二十七章 番頭論・過去の部 / 245
  • 第二十八章 番頭論・現役の部 / 255
  • 第二十九章 今後の人的關係 / 279
  • 第三十章 主要人物の職歷 / 283
  • 第四編 安田財閥の財閥性 / 299
  • 第三十一章 財閥の意義 / 300
  • 第三十二章 財閥形態論 / 309
  • 附 安田家の寄附行爲 / 331

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本コンツエルン全書
著作者等 小汀 利得
書名ヨミ ニホン コンツエルン ゼンショ
書名別名 安田コンツェルン読本

Nihon kontsuerun zensho
巻冊次 第5
出版元 春秋社
刊行年月 昭12
ページ数 334p
大きさ 23cm
NCID BN06015957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想