新編原典中国近代思想史  第3巻

野村浩一, 近藤邦康, 並木頼寿, 坂元ひろ子, 砂山幸雄, 村田雄二郎 編

列強による「瓜分」の危機感を背景に、中国における近代国家建設はどのように模索されたのか。革命と立憲(改良)という清末の二大政治潮流を、対立だけではなく思想的影響関係や相互交渉の実態に留意しつつ再構成し、その関連原典を扱う。また、今日の中国国内の宗教・民族問題の起源をなす清末期の民族と国家の関係にも焦点を当てる。「革命思想の形成」「革命思想の展開」「立憲改革」「民族と国民」という四つの章に分けて、辛亥革命前夜の中国思想の動態を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 革命思想の形成(ハワイ興中会章程-孫文
  • 香港興中会章程-孫文 ほか)
  • 2 革命思想の展開(一人一人の革命道徳-浙江派
  • 一省の自立-湖南派 ほか)
  • 3 立憲改革(変法の上論
  • 南北アメリカの諸華僑に答えて、中国は立憲を行いうるのみで、革命を行いえないことを論じた書簡(抄)-康有為 ほか)
  • 4 民族と国民(中国史叙論-梁啓超
  • 新民説(抄)-梁啓超 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新編原典中国近代思想史
著作者等 並木 頼寿
吉川 次郎
村田 雄二郎
深町 英夫
近藤 邦康
野村 浩一
書名ヨミ シンペン ゲンテン チュウゴク キンダイ シソウシ
書名別名 民族と国家 : 辛亥革命
巻冊次 第3巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.6
ページ数 361, 9p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-028223-9
NCID BB02457573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『中国女報』創刊の辞 丸山昇, 秋瑾
『民報』と『新民叢報』との論戦の大綱 近藤 邦康
ほか16編
一国の革命方略-広東派 支那の保全・分割について合わせ論ず 孫文, 深町英夫 改, 近藤 邦康
一省の自立-湖南派 新湖南(抄) 吉川次郎 改, 楊毓麟, 近藤 邦康
中国同盟会中部総会宣言 深町英夫 改, 近藤 邦康
中国問題の真の解決 孫文, 深町英夫 改, 近藤 邦康
中国滅亡論 深町英夫 改, 近藤 邦康
亜洲和親会規約 章炳麟, 近藤 邦康
光復軍告示 吉川次郎 改, 徐錫麟, 陳伯平, 近藤 邦康
播種 章炳麟, 近藤 邦康
支那亡国二百四十二年記念会発起文 村田雄二郎 改, 章炳麟, 近藤 邦康
暗殺時代(抄) 呉エツ, 近藤 邦康
民族と国家 : 辛亥革命 村田 雄二郎
演説録 章炳麟, 近藤 邦康
独を明らかにする 村田雄二郎 改, 章炳麟, 近藤 邦康
絶命書 吉川次郎 改, 陳天華, 近藤 邦康
萍瀏醴起義檄文 キョウ春台, 深町英夫 改, 近藤 邦康
解説 村田 雄二郎
軍政府宣言 中国同盟会, 深町英夫 改, 近藤 邦康
革命の道徳(抄) 村田雄二郎 改, 章炳麟, 近藤 邦康
革命思想の展開 一人一人の革命道徳-浙江派 客帝 石井剛, 章炳麟
革命思想の形成 ハワイ興中会章程 孫文, 深町英夫 改, 近藤 邦康
革命軍(抄) 吉川次郎 改, 鄒容, 近藤 邦康
順民 深町英夫 改, 近藤 邦康
香港興中会章程 孫文, 深町英夫 改, 近藤 邦康
龍華会章程(抄) 陶成章, 近藤 邦康
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想