戦時国家の経済法

峯村光郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 序論 / 1
  • 一 法の存在性格 / 1
  • 二 法と社會經濟法則 / 4
  • 三 法と經濟との關係 / 7
  • 四 法の社會的機能 / 11
  • 五 法の目的 / 14
  • 六 法變革の過程 / 18
  • 七 公法私法及び社會法 / 21
  • 八 經濟統制と技術的法規 / 26
  • 九 本書の課題 / 28
  • 第二章 經濟法の基礎槪念 / 30
  • 一 經濟法の槪念 / 30
  • 二 經濟法の槪念に關する學說 / 32
  • 三 經濟法の槪念に關する學說批判 / 50
  • 四 法律體系に於ける經濟法の地位 / 76
  • 五 國家的國民經濟と經濟法 / 103
  • 第三章 戰時經濟の法律槪念 / 111
  • 一 政治的手段としての戰爭と立法 / 114
  • 二 戰時經濟と戰時立法の必然性 / 117
  • 三 戰時立法の機能的限界 / 120
  • 四 戰時經濟と戰時經濟法 / 123
  • 五 危機法としての戰時經濟法 / 127
  • 六 戰時經濟法の制定的發現形態 / 132
  • 第四章 日本戰時經濟法 / 135
  • 第一 軍需工業動員法 / 137
  • 第二 資源調査法 / 152
  • 第三 徵發令 / 165
  • 第四 鐵道軍事供用令 / 179
  • 第五 軍用自動車補助法 / 185
  • 第六 臨時資金調整法 / 198
  • 第七 輸出入品等ニ關スル臨時措置ニ關スル法律 / 266
  • 第八 臨時船舶管理法 / 288
  • 第九 米穀ノ應急措置ニ關スル法律 / 305
  • 第一〇 臨時肥料配給統制法 / 310
  • 第一一 外國爲替管理法中改正法律 / 316
  • 第一二 臨時馬ノ移動制限ニ關スル法律 / 323
  • 第一三 軍需工業動員法ニ關スル法律 / 326
  • 第一四 國防的一面を有する經濟法及び戰時經濟法に利用し得る現行法 / 327
  • 第五章 世界大戰參戰諸國の政治經濟機構 / 335
  • 一 獨逸 / 336
  • 二 英國 / 342
  • 三 佛國 / 350
  • 四 米國 / 352

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦時国家の経済法
著作者等 峯村 光郎
書名ヨミ センジ コッカ ノ ケイザイホウ
出版元 千倉書房
刊行年月 昭12
ページ数 360p
大きさ 20cm
NCID BN10074508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46061384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想