金・銀・貨幣の話

柏通明 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一講 黃金狂時代 / 1
  • 一 昔のゴールド・ラツシユ / 1
  • 二 イギリスにも起る / 3
  • 三 地金屋さん繁昌 / 4
  • 四 株街のゴールド・ラツシユ / 7
  • 五 續出した金塊引揚げ / 10
  • 第二講 金の商品學 / 15
  • 一 金の性質 / 15
  • 二 金產出の歷史 / 17
  • 三 近代に於ける金生產の飛躍 / 20
  • 四 金產地の分布と消長 / 24
  • 五 我が國の金生產 / 27
  • 六 滿洲國の產金その他 / 31
  • 七 商品・金の用途 / 33
  • 第三講 貨幣としての金 / 39
  • 一 金問題=貨幣問題 / 39
  • 二 金が貨幣となるまで / 47
  • 三 貨幣の諸機能 / 49
  • 第四講 金本位制度と貨幣制度 / 59
  • 一 本位制とは何か? / 60
  • 二 各種の本位制度 / 62
  • 三 鑄貨・補助貨・紙幣 / 66
  • 四 我が國の貨幣制度 / 73
  • 五 貨幣量・物價・爲替相場 / 80
  • 第五講 戰時及び戰後の貨幣制度の混亂と恢復 / 89
  • 一 戰後、金本位制の三段楷 / 89
  • 二 歐洲大戰と各國の金本位 / 91
  • 三 戰時の幣制混亂 / 95
  • 四 典型的のドイツの例 / 99
  • 五 ドイツのみではない / 104
  • 六 金本位へ復歸の途 / 106
  • 七 金本位復歸への努力 / 109
  • 第六講 金不足及び偏在の問題 / 113
  • 一 金の供給不足とは / 114
  • 二 金偏在の問題とは / 121
  • 第七講 戰後金本位制の諸特徵 / 131
  • 一 金貨なき金本位 / 132
  • 二 金爲替本位とは? / 136
  • 三 金本位の作用も變化した / 140
  • 四 其の他の諸問題 / 145
  • 第八講 金本位再び崩る / 151
  • 一 恐慌と金本位制 / 151
  • 二 戰後金本位の特徵と恐慌 / 156
  • 三 農業恐慌の激化と植民地國の金本位停止 / 160
  • 四 イギリスの金本位停止を中心にして / 165
  • 五 アメリカの金本位停止を中心に / 173
  • 第九講 銀の問題 / 187
  • 一 銀問題の意義 / 187
  • 二 銀の生產增加傾向 / 190
  • 三 生產以外の供給增 / 196
  • 四 銀に對する需要 / 201
  • 五 銀價格低落の狀態 / 206
  • 六 銀貨低落の影響 / 209
  • 七 銀貨低落の諸對策 / 218
  • 第十講 國際經濟會議と金及び銀問題 / 225
  • 一 國際經濟會議の意義 / 225
  • 二 會議に於ける金銀問題 / 230
  • 三 新平價への問題 / 238
  • 四 金本位復歸の方法 / 246
  • 五 銀の復活は? / 251
  • 六 結論 / 260

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金・銀・貨幣の話
著作者等 柏 通明
書名ヨミ キン ギン カヘイ ノ ハナシ
出版元 太陽社
刊行年月 昭和8
ページ数 262p
大きさ 19cm
NCID BN15740924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46082678
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想