トランスポジションの思想 : 文化人類学の再想像

太田好信 著

混淆する文化状況の中で、何を誰に向け発信するのか。その問題提起により大きな話題を呼んだ書に、文化理論をめぐる地殻変動をとらえ返す「文化概念の往還」を増補。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ポストコロニアル・モーメントにおけるカウンターナラティヴの可能性
  • 第1章 文化の流用
  • 第2章 文化の客体化
  • 第3章 オリエンタリズム批判と文化人類学
  • 第4章 文化相対主義・本質主義・異種混淆論
  • 第5章 トランスポジションの思想に向けて-日本における「ポストモダン人類学」批判以降
  • 第6章 文化概念の往還-文化をめぐる窮状を再考する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トランスポジションの思想 : 文化人類学の再想像
著作者等 太田 好信
書名ヨミ トランスポジション ノ シソウ : ブンカ ジンルイガク ノ サイソウゾウ
書名別名 Toransupojishon no shiso
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2010.7
版表示 増補版.
ページ数 318, 37p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1485-9
NCID BB02311170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想