戦争と経済 : 大東亜戦の理論と評論

岩井良太郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 上篇 戰爭と戰爭經濟の理論 / 11
  • 一 大東亞戰の基本性格 / 13
  • 二 大東亞戰と速度の理論 / 38
  • 三 愚なる『戰後經濟論』 / 51
  • 四 長期戰の理論 / 66
  • 五 廣域經濟と安定勢力の理論 / 91
  • 中篇 戰爭と戰爭經濟の評論 / 111
  • その一 大東亞戰評論 / 113
  • 一 三大『戰記』に對する感想 / 113
  • 二 大東亞海戰の"正蹟" / 126
  • 三 米海軍、唯一の例外となるか / 137
  • 四 不連續線百八十度 / 146
  • 五 ヒットラー作戰を想ふ / 151
  • 六 東洋の復讐 / 156
  • 七 對日政策三つの型 / 161
  • 八 『さ迷へるオランダ人』 / 165
  • 九 二十世紀は何を遺すか / 170
  • 十 民族千年、運命の岐路 / 175
  • その二 戰爭下の政治評論 / 180
  • 一 强力政治の諸形態 / 180
  • 二 强力政治の論理 / 185
  • 三 衆議統裁論 / 191
  • 四 政治の『費用學說』 / 196
  • 五 對支戰策の基本課題 / 201
  • その三 戰爭經濟評論 / 208
  • 一 新『民吏論』 / 208
  • 二 特別利潤論 生擴の中心課題 / 213
  • 三 統制會、斷橋背水の陣 / 218
  • 四 精動の『越境』 / 224
  • 五 インフレ公式論擊碎 / 229
  • 六 物價統制における重點主義轉換論 / 234
  • 七 物動的禁制と精動的禁制 / 239
  • 八 だらしのない豊富 / 244
  • 九 南方物資果して過剩か / 249
  • その四 英米評論 / 253
  • 一 イギリス戰略の崩壞 / 253
  • 二 イギリスはもう駄目だ / 263
  • 三 米國經濟の强弱點 / 283
  • 下篇 戰爭千一夜(隨筆風評論) / 295
  • 一 戰爭の悲壯美 / 297
  • 二 緣臺戰爭論 / 303
  • 三 國相學 / 311
  • 四 大東亞戰と三つの音樂 / 321
  • 五 不足禮讃 / 334
  • 六 ニーベルンゲンの歌 / 341

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦争と経済 : 大東亜戦の理論と評論
著作者等 岩井 良太郎
書名ヨミ センソウ ト ケイザイ : ダイトウアセン ノ リロン ト ヒョウロン
書名別名 Senso to keizai
出版元 遠藤書店
刊行年月 昭和18
ページ数 349p
大きさ 19cm
NCID BA49056182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46011147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想