南洋物語

柴田賢一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前編 白人桎梏下の南洋
  • 一 ポルトガルとスペインの侵入
  • 白人東洋侵入の動機 / 1
  • ポルトガル人東洋に入る / 4
  • アルブケルケの探檢 / 6
  • マゼラン起つ / 10
  • 太平洋に入る / 13
  • マクタン島に死す / 18
  • ビラロボスの遠征 / 21
  • レガスピのフイリツピン征服 / 23
  • 飽くなき搾取の歷史 / 25
  • ポルトガルの黄金時代 / 27
  • 何故兩國は沒落したか / 28
  • 二 英國海賊船の橫行
  • ドレーク太平洋に乘出す / 33
  • 黄金牝鹿號と改名 / 36
  • サンタ・アンナ號の捕獲 / 40
  • 海賊探檢家ダムピエール / 43
  • ロビンソン漂流記の事實譚 / 48
  • アリソン太平洋を荒す / 49
  • 三 オランダの擡頭
  • オランダのスパイ戰術 / 55
  • ハウトマンとヴアン・ネツク / 59
  • オランダの海賊船 / 61
  • オランダ東インド會社の設立 / 66
  • 浦戶事件と臺灣事件 / 69
  • オランダ着々南洋を侵す / 72
  • 着々進捗する東インド經營 / 75
  • ボツシユの强制栽培制度 / 79
  • 老獪な懷柔政策 / 82
  • 四 フランスと南洋
  • フランスの佛印經營 / 85
  • フランスの植民政策 / 88
  • ニユーカレドニアとソサイテイ群島 / 90
  • 五 英國の再登場
  • 大探檢家ゼームス・クツク / 94
  • 濠洲大陸の東岸に達す / 97
  • 不屆な白濠主義 / 99
  • シンガポールとラツフルス / 103
  • 香港と阿片戰爭 / 107
  • マレイへ進出 / 110
  • ビルマとボルネオ / 114
  • 六 ドイツと米國の侵入
  • ドイツの侵入 / 117
  • 米國フイリツピンを併合す / 122
  • サモア領有の喜悲劇 / 131
  • ハワイと米國 / 136
  • 白人に汚辱された南洋 / 141
  • 後編 日本民族と南洋
  • 一 八幡船南海に飛躍す
  • 勇敢なる海の子 / 147
  • 八幡船南洋へ入る / 149
  • シヲコと五平 / 151
  • 二 朱印船時代來る
  • 秀吉と家康の禁敎禁商 / 155
  • 貿易品と貿易地 / 157
  • 龜井茲矩 / 158
  • 茶屋四郞次郞 / 160
  • 末次平藏と濱田彌兵衞 / 162
  • 三 南洋各地へ進出
  • フイリツピンと日本 / 168
  • 秀吉と孫七郞 / 170
  • 重政と信淵 / 173
  • マニラの日本町 / 175
  • アユチヤの日本町 / 177
  • 山田長政と日暹國交 / 179
  • 日本のアユチヤ引揚げ / 183
  • ポールコンの妻 / 187
  • アンコール・ワツトと森本右近太夫 / 192
  • 各地に殘る遺跡の數々 / 194
  • 角屋七郞兵衞の生涯 / 196
  • 呂宋助左衞門と荒木宗太郞 / 201
  • 蘭印の日本人 / 204
  • ジヤガタラ文 / 206
  • 熟らずに終つた過去 / 207
  • 四 現代の南洋と日本
  • 南洋發展の再出發 / 210
  • フイリツピンへの發展 / 212
  • 蘭印への發展 / 215
  • その他の地方への進出 / 217
  • 日本人のゴム事業 / 219
  • 王座を占むるダバオ麻 / 221
  • 林業と漁業 / 224
  • 有望な南洋の鑛業 / 227
  • 五 內南洋開拓物語
  • 日本占領以前の渡航者 / 234
  • 西村家のサイパン島投資 / 236
  • 南洋殖產の事業 / 239
  • 南洋興發の誕生 / 241
  • 沖繩より移民を招致 / 244
  • 恐るべき筬象蟲の出現 / 247
  • テニアン島を征服 / 249

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 南洋物語
著作者等 柴田 賢一
書名ヨミ ナンヨウ モノガタリ
書名別名 Nan'yo monogatari
出版元 日本青年館
刊行年月 昭和16
ページ数 252p 図版 地図
大きさ 19cm
全国書誌番号
46011415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想