経済統計の立体的見方

西川礒吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 統計學の理論 / 1
  • 第一章 統計學の一般理論 / 1
  • 第一節 最近の統計學の地位 / 1
  • 第二節 統計學に關する論爭 / 7
  • 第三節 大量觀察と大數の法則 / 12
  • 第四節 統計的方法 / 19
  • 第二章 統計數列と比例數 / 26
  • 第一節 動的數列と靜的數列 / 26
  • 第二節 函數的數列 / 32
  • 第三節 統計的分析方法としての比例數 / 36
  • 第四節 比例數の種類と其特質 / 43
  • 第三章 指數論 / 50
  • 第一節 指數の意義及び種類 / 50
  • 第二節 指數の算出方法 / 56
  • 第三節 物價指數 / 63
  • 第四章 度數分布と平均 / 69
  • 第一節 度數分布の意義 / 69
  • 第二節 度數分布の形態と平均 / 75
  • 第三節 統計的平均と其種類 / 82
  • 第四節 數學的平均 / 90
  • 第五章 撒布度と相對的變動 / 98
  • 第一節 絕對的撒布度 / 98
  • 第二節 相對的撒布度 / 109
  • 第三節 歪度(非對稱度の測定) / 111
  • 第四節 相對的變動 / 114
  • 第六章 規則性の硏究 / 118
  • 第一節 總論 / 118
  • 第二節 發展性の測定 / 125
  • 第三節 周期性の測定 / 137
  • 第四節 循環性と不規則性の測定 / 154
  • 第七章 法則性の硏究 / 160
  • 第一節 法則性の意義 / 160
  • 第二節 簡單なる相關々係の測定並に形態 / 166
  • 第三節 直線的相關々係の强度測定 / 173
  • 第四節 相關比及び多元的相關々係の測定 / 197
  • 第八章 統計學に依る景氣觀測法 / 204
  • 第一節 統計に依る景氣觀測の基礎 / 204
  • 第二節 代表的景氣觀測方法の解說 / 211
  • 第三節 批判 / 225
  • 第二編 經濟統計の實際(實證的硏究) / 232
  • 第一章 實證的硏究 / 232
  • 第一節 實證的硏究の意義 / 232
  • 第二節 實證的硏究の歷史性及び範圍 / 238
  • 第三節 實證的硏究の批判 / 244
  • 第二章 物價指數による實證的硏究 / 254
  • 第一節 物價指數の應用 / 254
  • 第二節 物價指數應用の實際 / 262
  • 第三節 類別的物價指數の硏究 / 274
  • 第四節 實證的物價指數硏究の批判 / 285
  • 第三章 貿易統計による實證的硏究 / 292
  • 第一節 貿易統計の意義 / 292
  • 第二節 貿易統計の應用 / 299
  • 第三節 貿易統計應用の實際 / 315
  • 第四章 金融方面の實證的硏究 / 333
  • 第一節 金融事情と統計 / 333
  • 第二節 日銀勘定に關する硏究 / 344
  • 第三節 普銀勘定に關する硏究 / 352
  • 第四節 批判 / 364
  • 第五章 其他の硏究 / 374
  • 第一節 負債に關する硏究 / 374
  • 第二節 生產及び事業に關する硏究 / 382
  • 第三節 手形交換高、運輸、荷動、爲替、其他に關する硏究 / 391
  • 參考文獻

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済統計の立体的見方
著作者等 西川 礒吉
書名ヨミ ケイザイ トウケイ ノ リッタイテキ ミカタ
出版元 神戸商工会議所
刊行年月 昭13
ページ数 404p
大きさ 20cm
NCID BA34196111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想