経済史概説

関未代策 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一節 中世都市の成立 / 117
  • 第二節 商入ギルド / 124
  • 第三節 ハンザ同盟 / 136
  • 第四節 市の發達 / 140
  • 第五節 嚴格なる制限規定 / 149
  • 第三章 職人ギルドと家內工業の發生 / 163
  • 第一節 中世工業の槪觀 / 163
  • 第二節 職人ギルド / 167
  • 第三節 各國に於けるギルドの崩壊 / 179
  • 第四節 家內工業 / 184
  • 第四章 海外商業の發展と重商政策の消長 / 201
  • 第一節 近世商業の發展と關稅策 / 201
  • 第二節 重商主義と十八世紀の商業 / 211
  • 第三節 貨幣制度と信用機關の發達 / 218
  • 第四節 自由主義の勃興 / 229
  • 第五章 佛蘭西革命と其の影響 / 249
  • 第一節 大革命の原因と經濟的效果 / 249
  • 第二節 ナポレオンの主義政策 / 259
  • 第三節 獨國に及ぼしたる影響 / 268
  • 第六章 農業革命 / 275
  • 第一節 英蘭の構圖運動 / 275
  • 第二節 佛蘭西の農民解放 / 285
  • 第三節 獨國隷農の廢滅 / 290
  • 第七章 英國の產業革命 / 301
  • 第一節 產業革命の意義と基礎 / 301
  • 第二節 機械の發明 / 304
  • 第三節 工場制の勃興と其の利弊 / 315
  • 第四節 前世紀中葉以後の工業 / 325
  • 第八章 佛獨に於ける工業の進展 / 335
  • 第一節 佛國工業の發展 / 335
  • 第二節 獨國工業の發展 / 340
  • 第九章 產業革命後の農業 / 355
  • 第一節 英國農業の衰勢 / 355
  • 第二節 佛國農業の推移 / 366
  • 第三節 獨國農業の衰勢 / 370
  • 第十章 交通の發達 / 379
  • 第一節 英國に於ける交通の改新 / 379
  • 第二節 佛國に於ける交通の發展 / 391
  • 第三節 獨國に於ける交通の進步 / 396
  • 第十一章 英國貿易政策の變遷 / 403
  • 第一節 自由主義運動 / 403
  • 第二節 保護主義への轉換 / 417
  • 第十二章 佛國の貿易と其の政策 / 425
  • 第一節 佛國の自由貿易化 / 425
  • 第二節 保護政策への復歸 / 432
  • 第十三章 獨逸の商政と貿易の發展 / 441
  • 第一節 獨逸關稅同盟 / 441
  • 第二節 保護主義の復活 / 445
  • 第十四章 露國の產業と經濟的變革 / 455
  • 第一節 農業の變遷 / 455
  • 第二節 產業革命以後の工業 / 466
  • 第三節 內國商業と外國貿易 / 472
  • 第十五章 英國勞働運動の發展 / 481
  • 第一節 英國勞働結社の成立 / 481
  • 第二節 勞働組合の公認 / 488
  • 第三節 勞働結社の政治的進出 / 494
  • 第十六章 獨佛に於ける勞働運動 / 509
  • 第一節 獨國の勞働運動 / 509
  • 第二節 佛國の勞働運動 / 517

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済史概説
著作者等 関 未代策
書名ヨミ ケイザイシ ガイセツ
書名別名 Keizaishi gaisetsu
出版元 文雅堂
刊行年月 昭11
版表示 改訂版
ページ数 531p
大きさ 23cm
NCID BN09168105
BN15493122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46050282
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想