資本論の弁証法

三枝博音 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 一 ヘーゲル論理學とマルクス資本論 / 1
  • 二 ヘーゲルの「端緖」の理論 / 4
  • 三 「經濟學の方法」に於ける端緖の理論 / 12
  • 第一編 商品論の辯證法的構造 / 47
  • 一 商品の二つの因素 / 60
  • 二 商品に表現されてゐる勞働の二重性 / 73
  • 三 價値形態 / 81
  • 第二編 商品の矛盾の展開(交換行程) / 133
  • 一 商品論から交換行程への移渡について / 133
  • 二 交換行程に對する理解の準備 / 138
  • 三 交換行程 / 141
  • 第三編 商品の流通に於ける辯證法 / 157
  • 一 貨幣一般の表象 / 157
  • 二 第三章「貨幣又は商品の流通」が含む課題 / 164
  • 三 價値の尺度(貨幣の「有」) / 169
  • 四 流通手段(貨幣の「本質」) / 187
  • 五 貨幣(貨幣の槪念) / 222
  • 附錄
  • 一 資本論に於ける種々なる辯證法 / 233
  • 二 資本論の讀み方 / 250
  • 三 辯證法の公式的表現 / 265

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資本論の弁証法
著作者等 三枝 博音
書名ヨミ シホンロン ノ ベンショウホウ
書名別名 Shihonron no benshoho
出版元 時潮社
刊行年月 昭和21
ページ数 279p
大きさ 21cm
NCID BN05098460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46010618
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想