日本労働組合評議会史  第1分冊

磯村秀次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 / 1
  • 一 はしがき / 3
  • 二 評議會の性質および綱領ならびに勞働組合運動上の諸問題に對する態度の戰術 / 4
  • 第一章 左右兩派組合運動發生の社會的根據 / 21
  • 一 大戰及び大戰後の資本主義の情勢と階級鬪爭の發展 / 23
  • 二 『方向轉換』に關する左右兩派の見解 / 34
  • 第二章 總同盟の內紛と分裂 / 49
  • 一 十三年度大會における諸對立 / 51
  • 二 關東同盟の內紛とその解決 / 61
  • 三 右翼派の積極化と左翼の總同盟刷新運動 總同盟の分裂 / 73
  • 第三章 創立大會 / 95
  • 一九二五年(大正十四年)五月廿五・六日 / 95
  • 一 創立當時における評議會の勢力 / 97
  • 二 組合政策決定に關する根本的態度 / 101
  • 三 大會における諸問題 / 105
  • 四 無產政黨に關する問題 / 117
  • 五 組織の問題 / 120
  • 第四章 創立第一年の鬪爭 / 123
  • 一九二五年(大正十四年)六月以降 / 123
  • 一 上海紡績勞働者の總罷業と評議會の活動 / 125
  • 二 失業反對運動 / 132
  • 三 無產政黨組織運動の具體化 / 139
  • 四 政黨組織運動の分裂的危機と評議會の讓步 / 152
  • 五 レプセ氏の來訪 / 161
  • 六 產業別的組織完成のための運動 / 166
  • 七 婦人部の問題 / 174
  • 八 右翼、資本家、××協同による積極的反動の到來と評議會 / 178
  • 農民勞働黨結黨前後 / 178
  • 第五章 第二年度前半期 / 189
  • 一九二六年一月から六・七月頃まで / 189
  • 一 擴大中央委員會の開催とその意義 / 192
  • 二 國際勞働代表選出運動および惡法反對全國示威運動と評議會 / 197
  • 三 日常經濟鬪爭における資本の挑戰 / 203
  • 四 第二次無產政黨組織運動と評議會 / 218
  • 五 第二回全國大會における婦人部問題の再論 / 222
  • 六 全國組合會議の企て / 229
  • 七 濱松日本樂器爭議 / 233

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本労働組合評議会史
著作者等 磯村 秀次
書名ヨミ ニホン ロウドウ クミアイ ヒョウギカイ シ
書名別名 Nihon rodo kumiai hyogikai shi
巻冊次 第1分冊
出版元 京都共生閣
刊行年月 昭和7.2
ページ数 260p 図版
大きさ 18cm
NCID BN14180052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46034233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想