明治法制叢考  続

小早川欣吾 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 寫眞三葉
  • 一 新律綱領及び改定律例の編纂過程と其の判決に就いて / 1
  • 二 片山國嘉博士の『刑法改正私考』 / 157
  • 三 舊民法典編纂過程と舊民法典に對する論爭に就いて / 208
  • イ 舊民法典編纂過程の大樣 / 210
  • ロ 舊民法に關する論爭 / 283
  • 四 明治前期の擔保法の基盤 / 407
  • 一 幕末より明治六年地所質入書入規則に到る / 407
  • 二 明治六年の地所質入書入規則の性質、特に其の歷史性 / 411
  • a 土地永代賣買禁止法の撤廢と地劵渡方規則との不可分性 / 413
  • b 地租改正條例と地劵渡方規則との因果性、並びに地所質入書入規則との關聯 / 416
  • c 地所質入書入規則が明治擔保法史上に持つ位置 / 425
  • 三 法源 / 429
  • a 慣習法 / 429
  • b 成文法 / 435
  • I 成文法の基盤を形成する繼受法の槪觀 / 436
  • イ 佛蘭西法 / 436
  • ロ 英國法 / 437
  • ハ 獨逸法 / 439
  • II 法の種類 / 439
  • イ 布告、達 / 439
  • ロ 指令 / 441
  • 索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治法制叢考
著作者等 小早川 欣吾
書名ヨミ メイジ ホウセイ ソウコウ
書名別名 Meiji hosei soko
巻冊次
出版元 山口書店
刊行年月 昭和19
ページ数 454p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
46009506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想