ローマの歴史

亀井高孝 著 ; 高畠華宵 絵

[目次]

  • 目次
  • 前書き
  • 一、 ローマ国の興隆 / 11
  • 牝狼に養われた双兒 / 11
  • 國は「公けのもの」 / 16
  • 胃の腑と手足とのたとえ / 19
  • 貴族と平民との仲直り / 23
  • 伸びゆくローマ國 / 26
  • 二、 海上に乗り出すローマ国民 / 31
  • 眼の上の瘤カルタゴ / 31
  • シチリア島の奪い合い(第一回ポエニ戰爭) / 35
  • 地中海支配のはじまり / 41
  • 三、 ハンニバルとローマ(第二回ポエニ戦争) / 43
  • 國民の軍隊と金で買われる軍隊 / 43
  • カルタゴの英傑ハンニバル / 45
  • 出陣の血祭 / 48
  • アルプス越えの壯挙 / 50
  • トラシメヌス湖畔の快勝 / 55
  • カンネーの大勝利 / 57
  • ローマ人の負けじ魂 / 63
  • ハンニバルの薄運 / 65
  • ザマの決戰 / 68
  • 英雄の末路 / 70
  • 「カルタゴは亡ぼさなければならない」(第三回ポエニ戰爭) / 74
  • 四、 ローマ共和政治の腐敗 / 79
  • 海外文明を食べ過ぎたローマ人 / 79
  • 変りはてたローマ社会 / 82
  • 「賣物に出たローマ市よ」 / 84
  • コルネリアの宝 / 89
  • ローマ時代の源平の爭い / 98
  • 五、 共和政治から君主政治へ / 104
  • ローマ第一の達人ケーザル / 104
  • 三頭政治 / 108
  • 「アルプス不用になる」 / 111
  • ルビコ川を渡る / 116
  • 両雄並び立たず / 118
  • 「來た、見た、勝った」 / 120
  • 無冠の帝王ケーザル / 122
  • 宿命の日、三月十五日 / 124
  • 英傑を失った後の大混乱 / 128
  • 第二 三頭政治 / 132
  • クレオパトラの野心成らず / 134
  • 六、 ローマ帝国の隆盛 / 139
  • 初代の皇帝アウグスツス / 139
  • ポンペイ最後の日 / 142
  • ローマ人の残した文明-土木建築 / 144
  • すばらしい水道、豪奢な公衆浴場 / 149
  • 殺伐残忍なローマの國技 / 154
  • 七、 帝国の衰微 / 159
  • 奢侈と文弱 / 159
  • 東と西 / 161
  • 外敵の侵入 / 164
  • 帝國の滅亡 / 166
  • 八、 キリスト教の誕生 / 168
  • 救世主イエス・キリスト / 168
  • 使徒の傳道 / 172
  • 迫害「主よ何処に行き給う?」 / 175
  • カタコンベの祈り / 180
  • キリスト敎の勝利 / 181
  • むすび / 183

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ローマの歴史
著作者等 亀井 高孝
高畠 華宵
書名ヨミ ローマ ノ レキシ
書名別名 Roma no rekishi
シリーズ名 銀の鈴文庫 ; 社会科学篇 4
出版元 広島図書
刊行年月 昭和25
ページ数 185p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
45018505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想