生きるチカラ

植島啓司 著

われわれの人生は、気にすればきりがないような小さな課題の連続である。人は、無数の選択を強いられながら生きており、ときには大きな困難に出合うこともある。だが、少し見方を変えてみると、正しい選択や誤った判断があるわけではないことがわかる。また、ふりかかる災難が、人生のきっかけにもなることもあるのだ。生きるのに正しいも間違いもない-。世界の聖地を調査してきた宗教人類学者だからこそ書ける、自分の生き方を手に入れる道とは何か。「生きるチカラ」が不足している現代日本人に必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生きるのに「正しい」も「間違い」もない
  • 2 あらゆる選択は誤りを含んでいる
  • 3 金持ちはみんな不幸?
  • 4 ふりかかった災難こそ人生のきっかけ
  • 5 人間は支離滅裂でかまわない
  • 6 自分の身に起こることはすべていいことなのだ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きるチカラ
著作者等 植島 啓司
書名ヨミ イキル チカラ
書名別名 Ikiru chikara
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2010.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720549-7
NCID BB02708822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21793612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想