日本政治の構想

清水伸 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき 世界新秩序へのたゝかひのために / 1
  • 第一章 日本政治原理への反省 / 13
  • 一 「政治」とはなにか? / 13
  • 二 現實政治における概念的昏迷 / 17
  • 三 政治概念の學的昏迷 / 21
  • 四 餘りにヨーロッパ的・普遍的 / 26
  • 五 日本の傳統的政治觀 / 32
  • 六 「まつりごと」への反省 / 37
  • 第二章 「大日本帝國憲法」の構想 / 45
  • 一 憲法における理性と感性 / 45
  • 二 憲法制定における構想の發展 / 48
  • 三 世界的大國家を建設せん / 59
  • 四 國家總力の發揮と民意の暢達 / 62
  • 五 議會・政府の日本的性格 / 65
  • 六 憲法における勤王思想 / 70
  • 七 憲法における革新思想 / 72
  • 第三章 日本憲法の國家總力戰的意義 / 75
  • 一 國家總力戰の本質と日本憲法 / 75
  • 二 明治維新と總力戰思考の發展 / 77
  • 三 木戸孝允と大久保利通の主張 / 80
  • 四 歐米憲法思想との本質的相違 / 85
  • 五 伊藤博文の權利義務思想 / 89
  • 六 「第二章 臣民權利義務」の批判 / 93
  • 七 現代的國家總力戰と日本憲法 / 98
  • 第四章 わが議會制度の日本的性格 / 105
  • 一 議會制度に對する國民の疑惑 / 105
  • 二 議會政治の腐敗と墮落 / 108
  • 三 議會政治理論の動搖 / 110
  • 四 資本主義經濟の破綻と議會 / 112
  • 五 帝國議會の再檢討と再出發 / 114
  • 六 帝國議會初來の構想に歸れ / 118
  • 七 帝國議會の國家總力戰的性格 / 124
  • 八 政府を強化して國威を張れ / 129
  • 九 帝國議會の政治的特權と構成 / 136
  • 十 帝國議會の政治的使命と威力 / 142
  • 十一 帝國議會の國家總力戰的革新 / 146
  • 附記 議會の政治活動における限界 / 148
  • 第五章 日本政治の強力政治的性格 / 155
  • 一 強力政治の世界史的意義 / 155
  • 二 歐米における強力政治の潮流 / 158
  • 三 ドイツとソ聯の強力政治 / 161
  • 四 イギリス・アメリカの強力政治 / 164
  • 五 強力政治における三つの標準 / 168
  • 六 日本政治の強力政治的性格 / 170
  • 七 日本憲法の強力政治的構想 / 175
  • 八 日本政府の強大な政治力 / 180
  • 第六章 わが内閣制度の構想と革新 / 187
  • 一 内閣制度に對する新しい見かた / 187
  • 二 單獨責任主義と統一保持主義 / 189
  • 三 過去における内閣制度革新論の經過 / 192
  • 四 わが内閣制度創設當初の構想 / 196
  • 五 内閣制度革新に關する諸提案 / 201
  • 六 國務大臣竝列主義の二つの弱點 / 205
  • 七 内閣總理大臣の行政權強化策 / 209
  • 第七章 官界革新の國家的意義 / 215
  • 一 必ず先づ官を命ず / 215
  • 二 官界革新の要望と三種の批判 / 218
  • 三 官界の反省と革新の方向 / 229
  • 四 時代の革新と官界の革新 / 234
  • 第八章 古典文學と日本憲法との交渉 / 239
  • 一 日本憲法の古典文學的傳統 / 239
  • 二 古典文學の明治維新への影響 / 242
  • 三 古典文學と井上毅の存在 / 248
  • 四 日本憲法と古典文學との關聯 / 255
  • 五 憲法における「しらす」=統治の傳統 / 260
  • 六 憲法に對する古典的理解の必要 / 267
  • 七 萬世一系の御統治と古典 / 271
  • 八 皇位の繼承と 天皇の神聖 / 278
  • 九 臣民の權利義務と古典 / 285
  • 十 結語 日本憲法の古典的構想 / 290

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本政治の構想
著作者等 清水 伸
書名ヨミ ニホン セイジ ノ コウソウ
書名別名 Nihon seiji no koso
出版元 中央公論社
刊行年月 昭和17
ページ数 292p
大きさ 19cm
NCID BN14077155
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46008502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想