新講岡部日記 : 賀茂翁名歌鑑賞

谷鼎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言
  • 解題
  • 第一段 あはれ都に / 1
  • 第二段 この秋は / 3
  • 第三段 品川の驛 / 4
  • 第四段 六鄕の渡 / 7
  • 第五段 ほどがやの宿 / 10
  • 第六段 箱根山 / 12
  • 第七段 富士の山 / 13
  • 第八段 荷前の箱 / 16
  • 第九段 三島の宿 / 18
  • 第一〇段 蒲原の宿 / 20
  • 第一一段 あまのまてがた / 21
  • 第一二段 淸見潟 / 23
  • 第一三段 島田の宿 / 25
  • 第一四段 さやの中山 / 28
  • 第一五段 新坂の宿 / 30
  • 第一六段 懸川の宿 / 33
  • 第一七段 岡部の家 / 34
  • 第一八段 月前遠情 / 36
  • 第一九段 高松山 / 38
  • 第二〇段 永きわかれ / 39
  • 第二一段 引佐細江 / 42
  • 第二二段 濱名の橋 / 46
  • 第二三段 左海右湖 / 48
  • 第二四段 今切のわたり / 49
  • 第二五段 こまかたの明神 / 54
  • 第二六段 しるはの磯 / 55
  • 第二七段 あり玉の里 / 57
  • 第二八段 引馬野 / 59
  • 第二九段 京よりの文 / 61
  • 第三〇段 雨中蟲 / 63
  • 第三一段 十七年忌 / 65
  • 第三二段 賀茂の宮居 / 66
  • 第三三段 あふからに / 72
  • 第三四段 別れ / 74
  • 第三五段 懸川より菊川へ / 75
  • 第三六段 藤枝より岡部へ / 77
  • 第三七段 うつの山 / 79
  • 第三八段 暮れゆく海 / 81
  • 第三九段 月の濱づたひ / 83
  • 第四〇段 富士のね / 84
  • 第四一段 深山の秋風 / 85
  • 第四二段 戶塚の宿まで / 87
  • 第四三段 大君のとほのみやこ / 88
  • 後の岡部日記
  • 第一段 出立 / 90
  • 第二段 しびの話 / 91
  • 第三段 にべの話 / 94
  • 第四段 駿河の國府 / 95
  • 第五段 洪水 / 98
  • 第六段 にひばりの害 / 99
  • 第七段 にひばりの論 / 101
  • 第八段 島田のうまやへ / 102
  • 第九段 金谷 / 104
  • 第一〇段 はら川 / 106
  • 第一一段 野べの霜 / 107
  • 第一二段 とみの事 / 108
  • 第一三段 あしずり / 110
  • 第一四段 五社の遷宮 / 113
  • 第一五段 川の水鳥 / 114
  • 第一六段 名殘 / 115
  • 〔附錄〕賀茂翁名歌鑑賞

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新講岡部日記 : 賀茂翁名歌鑑賞
著作者等 谷 鼎
書名ヨミ シンコウ オカベ ニッキ : カモ オウ メイカ カンショウ
シリーズ名 学生文化新書 ; 118
出版元 学生の友社
刊行年月 昭和17
ページ数 116, 11, 37p
大きさ 19cm
NCID BA61631472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44046298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想