帝国憲法概論

里見岸雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一講 總論
  • 第一章 日本憲法制定史要 / 1
  • 第二章 日本憲法學の誕生と二大學派の對立 / 24
  • 第三章 日本憲法學の基準と方法 / 45
  • 第四章 帝國憲法の槪念 / 51
  • 第五章 帝國憲法の性質 / 61
  • 第六章 帝國憲法の特色 / 71
  • 第七章 帝國憲法の目的と精神 / 78
  • 第八章 帝國憲法の效力、解釋及び改正 / 93
  • 第二講 基礎論
  • 第一章 國家 / 108
  • 第二章 帝國憲法の範圍 / 144
  • 第三章 帝國憲法に於ける法及び條文の二大別 / 162
  • 第四章 帝國憲法の法相、法體及び法位 / 165
  • 第三講 國體法總論
  • 第一章 國體法の槪說 / 204
  • 第二章 日本國體の槪觀 / 212
  • 第四講 國體法各論
  • 第一章 天皇統治 / 270
  • 第二章 皇位繼承 / 336
  • 第三章 天皇神聖 / 390
  • 第五講 政體法總論
  • 第一章 帝國憲法政體の原理 / 426
  • 第二章 翼賛と翼賛機關 / 443
  • 第三章 國體的立憲政治の實踐 / 452
  • 第六講 政體法各論の一
  • 第一章 天皇 / 458
  • 第二章 日本臣民の權利義務 / 496
  • 第三章 帝國議會 / 539
  • 第四章 國務大臣及び樞密顧問 / 592
  • 第五章 司法裁判所 / 625
  • 第六章 行政裁判所 / 639
  • 第七章 會計檢査院 / 643
  • 第八章 其の他の機關 / 647
  • 第七講 政體法各論の二
  • 第一章 帝國議會の協賛を伴ふ統治權作用 / 663
  • 第二章 司法裁判所に依つて行はるる統治權作用 / 676
  • 第三章 國務大臣の輔弼を伴ふ統治權作用 / 679
  • 第四章 國務大臣の輔弼によらざる統治權作用 / 697
  • 第五章 大權行使の形式 / 704

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 帝国憲法概論
著作者等 里見 岸雄
書名ヨミ テイコク ケンポウ ガイロン
出版元 立命館出版部
刊行年月 昭和17
ページ数 707p
大きさ 22cm
NCID BN06346251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46009591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想