物理の散歩道  第3

ロゲルギスト 著

日常現象について、物理をこよなく愛する物理学者たちがユニークな視点で語り合う名エッセイ集の第三弾。初版刊行以来四五年を経てもなお新鮮さを失わない。スポーツ物理の先がけとも言うべき、ボール投げ、跳躍、徒競走の力学を扱った「陸上競技」、道徳や倫理の授業に確率の考えなどもっと数理的な視点を取り入れることの大切さを説いた「数理倫理学序説」など、やさしい筆致のなかにも、その意味するところは非常に深いものがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(海女と力士
  • 陸上競技
  • 斜め向きに歩こう
  • 足をとられる話
  • 一石二鳥
  • 防寒夜話)
  • 第2部(わずかなエネルギーの利用
  • コントロールを楽しむゲーム
  • 見えるもの見えないもの
  • 耳が痛くなる話)
  • 第3部(盲者象を撫でる
  • 登頂の真偽
  • 「数学に強い」ということ
  • 数理倫理学序説
  • でたらめの科学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理の散歩道
著作者等 ロゲルギスト
書名ヨミ ブツリ ノ サンポミチ
書名別名 Butsuri no sanpomichi
巻冊次 第3
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
版表示 新装版.
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-005962-6
NCID BA91445488
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21797797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想