岐阜消防沿革史

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 緖論
  • 一 原始人と火 / 2
  • 二 火の使用を知つた初期の生活 / 2
  • 三 火災を神祕視した時代 / 3
  • 四 消防思想の萠芽期 / 7
  • 五 戰國兵火の時代 / 7
  • 六 德川時代の消防思想 / 8
  • 七 岐阜市消防思想發達の槪說 / 10
  • 第二編 本市消防の沿革
  • 第一章 町火消時代 / 12
  • 第一節 消防の定義 / 12
  • 第二節 火消時代 / 13
  • 第一項 役所火消 / 14
  • 第二項 役所抱火消 / 15
  • 第三項 役所附火消 / 16
  • 第四項 町火消 / 17
  • 一 發生由來 / 17
  • 二 組織された消防 / 19
  • 三 組織 / 20
  • 四 町火消の特質 / 22
  • 五 組合相互の不統一 / 26
  • 六 町火消の社會事業業蹟 / 34
  • 七 火消道具 / 36
  • 八 經費 / 39
  • 九 地域的限界 / 42
  • 第二章 私設消防時代 / 45
  • 第一節 い、ろ、は、に組 / 45
  • 第一項 町火消、役所火消の崩壞と消火 / 45
  • 第二項 い、ろ、は、に組の組織 / 47
  • 一 組織 / 48
  • 二 經費 / 55
  • 三 消火道具 / 59
  • 四 い、ろ、は、に組の解散と巴組 / 59
  • 第二節 岐組 / 63
  • 一 組織 / 63
  • 二 經費 / 63
  • 三 隣接町村の消防 / 64
  • 第三節 火防組 / 64
  • 一 岐組の解散と火防組の組織 / 64
  • 二 組織及び職務 / 67
  • 三 消火器具 / 75
  • 四 訓練 / 75
  • 五 規律 / 78
  • 六 事業 / 81
  • 第三章 公設消防時代 / 86
  • 第一節 第二次火防組 / 86
  • 第二節 岐阜消防組 / 87
  • 第一項 組織 / 87
  • 一 區域 / 87
  • 二 組織員 / 90
  • 三 その後の變遷 / 98
  • 第三節 常設消防組 / 101
  • 一 設置及職員 / 101
  • 二 常設消防部員の服務 / 104
  • 三 勤務 / 105
  • 第四節 消防組關係者 / 108
  • 第五節 訓練及演習 / 123
  • 第一項 一般訓練 / 123
  • 第二項 常設消防部の訓練 / 127
  • 第三項 火災豫防宣傳及び主なる假設演習 / 129
  • 第六節 水利 / 144
  • 第一項 本市の水利 / 144
  • 第二項 非常用井戶 / 145
  • 第七節 消防機械器具 / 157
  • 第一項 喞筒 / 157
  • 一 腕用喞筒 / 157
  • 二 ガソリン喞筒 / 159
  • 三 自動車喞筒 / 160
  • 第二項 土工消防器具 / 161
  • 第三項 破壞消防器具 / 162
  • 第四項 上水道、消火栓 / 164
  • 一 上水道 / 164
  • 二 消火栓 / 166
  • 第五項 梯子 / 181
  • 第六項 火災認知通報機關 / 181
  • 一 喇叭 / 182
  • 二 火の見櫓 / 182
  • 三 火災專用電話 / 183
  • 第七項 信號 / 185
  • 第八項 人命救助機具 / 187
  • 第四章 經費 / 189
  • 第五章 功績、表彰 / 225
  • 第六章 火災に關する記錄 / 243
  • 第一節 火災記錄 / 243
  • 第一項 舊幕時代 / 243
  • 第二項 私設消防時代 / 246
  • 第三項 公設消防設置後 / 251
  • 第四項 常設消防部設置後 / 251
  • 第二節 火災統計 / 256
  • 第三編 新市部消防組の沿革
  • 第一章 町村合併と消防組 / 260
  • 第二章 舊本莊、三里村消防組 / 261
  • 第三章 舊日野村消防組 / 261
  • 第四章 舊長良村消防組 / 263
  • 第一項 長良村消防組蛇之目組 / 263
  • 第二項 雄總區雄之字組 / 307
  • 第五章 舊島村消防組 / 309
  • 第六章 舊鷺山村消防組 / 312

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岐阜消防沿革史
著作者等 岐阜消防組
書名ヨミ ギフ ショウボウ エンカクシ
出版元 岐阜消防組
刊行年月 昭和14
ページ数 316p
大きさ 23cm
全国書誌番号
44050084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想