天皇機関説 : 欧洲君主の説明としては可我が憲法の解釈としては不可 純法理論として美濃部説の誤れる理由

北野豊治郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論
  • 【一】 權利の觀念に付いて美濃部博士は旣に誤つて居る
  • 【二】 美濃部博士は民主主義の思想に囚はれ遂に我が國體觀念を誤る
  • 【三】 美濃部博士は單に統治權の主體は國家なりとし國家意志(國家權力)所在の本源を究めさりし結果遂に國體の觀念を誤る
  • 【四】 美濃部博士は機關の意義を誤る
  • 【五】 美濃部博士は我が欽定憲法を歐洲の他制限的憲法と同一視せる誤解
  • 【六】 結論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天皇機関説 : 欧洲君主の説明としては可我が憲法の解釈としては不可 純法理論として美濃部説の誤れる理由
著作者等 北野 豊治郎
書名ヨミ テンノウ キカンセツ
出版元 山梨協会
刊行年月 昭和10
ページ数 15p
大きさ 19cm
全国書誌番号
44025003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想