金本位制と中央銀行政策

田中金司 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 金本位制の研究
  • 第一章 金屬の價値と貨幣の價値
  • 第二章 貨幣制度に於ける金の地位
  • 第三章 英國金本位復歸の意義
  • 第四章 金本位反對論者の獨逸新幣制觀
  • 第五章 金本位の下に於ける購買力平價說の妥當性
  • 第六章 動態的購買力平價說と金解禁問題
  • 第七章 貨幣數量說の一批評
  • 第二篇 中央銀行の研究
  • 第一章 限外發行論
  • 第二章 英國の新發券制度
  • 第三章 在外正貨論
  • 第四章 中央銀行民間預金の意義
  • 第五章 中央銀行の手形割引に關する一問題
  • 第六章 中央銀行の公開市場政策
  • 第三篇 兼營主義・分業主義の研究
  • 第一章 銀行制度に於ける兼營主義と分業主義との接近
  • 第二章 兼營主義・分業主義續論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金本位制と中央銀行政策
著作者等 田中 金司
書名ヨミ キンホンイセイ ト チュウオウ ギンコウ セイサク
出版元 宝文館
刊行年月 昭和4
版表示 訂正第5版
ページ数 512p
大きさ 23cm
NCID BN04561719
BN08437008
BN10293545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46083402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想