読方意識の発展に基く綜合の読方教育

吉田義則 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 綜合の讀方敎育硏究の對象 / 1
  • 第一節 現象に於ける存在と當爲 / 1
  • 第二節 綜合の讀方敎育研究の範圍 / 3
  • 第三節 綜合の讀方敎育の基調 / 10
  • 第四節 絕對生活としての綜合觀 / 13
  • 第二章 兒童を對象とする讀方の目的 / 19
  • 第一節 現今讀方敎育目的論の批判 / 19
  • 第二節 讀書の心理的過程と讀方 / 29
  • 第三節 兒童の價値意識發展と讀方 / 33
  • 第四節 兒童が規定する讀方の目的 / 48
  • 第五節 綜合の讀方敎育目的觀の建設 / 77
  • 第三章 輻合原理に基く文章硏究 / 80
  • 第一節 文章研究の態度 / 80
  • 第二節 文章硏究に於ける存在と當爲 / 84
  • 第三節 文章に於ける意味自體の體驗 / 87
  • 第四節 意味自體の橫觀的地位 / 95
  • 第五節 意味自體の縱觀的地位 / 103
  • 第六節 讀本に於ける宗敎的意識と敎育 / 126
  • 第七節 意味と理解力との相關論 / 146
  • 第八節 輻合原理に基く文章硏究の實際 / 147
  • 第四章 正讀正解の讀方敎育 / 159
  • 第一節 正讀正解と純粹文章 / 159
  • 第二節 純粹文章の綜合的考察 / 164
  • 第三節 標準語及び對話文の綜合的硏究 / 165
  • 第四節 標準假名遺の綜合的硏究 / 188
  • 第五節 假名及び漢字の綜合的硏究 / 192
  • 第六節 符號及び文體の綜合的硏究 / 204
  • 第七節 意味とリズムの構造關聯 / 239
  • 第八節 具體構造としての文理論 / 258
  • 第五章 讀方科と各分科との綜合的硏究 / 281
  • 第一節 各分科內的相關の根本原論 / 282
  • 第二節 沒却され易い文章朗讀の價値 / 287
  • 第三節 讀方と綴方との內的相關 / 303
  • 第四節 日用文の批判的硏究と指導上の注意 / 318
  • 第五節 讀本に敎師用のない理由その他 / 328
  • 第六章 兒童の讀方學習過程とその指導 / 333
  • 第一節 初學年兒童の讀みの深さと廣さ / 333
  • 第二節 初學年兒童の學習過程とその指導 / 350
  • 第三節 初學年兒童の繪畫學習とその指導 / 365
  • 第四節 初學年に於ける漢字敎授 / 373
  • 第五節 讀本文章に對する兒童の好否とその批判 / 377
  • 第六節 兒童の讀方學習發達の過程と胎育 / 399
  • 第七章 兒童の讀方學習過程とその指導 / 424
  • 第一節 尋二兒童の學習過程とその指導 / 424
  • 第二節 尋三四兒童の學習過程とその指導 / 434
  • 第三節 尋五六兒童の學習過程とその指導 / 444
  • 第四節 高等科兒童の學習過程とその指導 / 454
  • 第五節 中心語句本位學習の批判 / 462
  • 第六節 形式的內容と本質的內容 / 467
  • 第七節 構造理解としての新講義敎育 / 472
  • 第八章 綜合の讀方學習訓練の實際 / 474
  • 第一節 本質への國語學習訓練 / 474
  • 第二節 節意硏究の學習訓練 / 490
  • 第三節 直譯と意譯の融合的取扱 / 506
  • 第四節 讀方に於ける聯想訓練の實際 / 515
  • 第五節 讀方敎育に於ける生活指導 / 525
  • 第六節 各種敎材の體驗的學習の訓練 / 531
  • 第九章 綜合の讀み書き學習訓練の實際 / 555
  • 第一節 讀み書き學習の根本的態度 / 555
  • 第二節 發表體驗の實際敎育 / 560
  • 第三節 綜合の讀方學習の本質と價値 / 570
  • 第四節 讀み書き學習の原理と實際 / 573
  • 第五節 讀方學習訓練案例 / 581
  • 第六節 讀方考査問題實例 / 590

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 読方意識の発展に基く綜合の読方教育
著作者等 吉田 義則
書名ヨミ ヨミカタ イシキ ノ ハッテン ニ モトズク ソウゴウ ノ ヨミカタ キョウイク
出版元 教育実際社
刊行年月 昭和6
ページ数 594p
大きさ 20cm
NCID BN10846236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44060925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想