日本金融論

高橋亀吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 我が金融資金の源泉と分布 / 1
  • 第一節 金融資金の總觀 / 1
  • 第二節 各種金融機關の地位と其變遷 / 9
  • 第三節 金融力の地理的分布 / 22
  • (A) 金融機關及資金の都市集中激化 / 22
  • (B) 資金運用の都市偏重と其內容 / 28
  • 第二章 日本金融支配網と財閥の獨占 / 38
  • 第一節 全國金融資金と其支配網の槪觀 / 38
  • 第二節 八大財閥の金融資金運用と其全國に對する位置 / 44
  • 第三節 金融資金の運用內容と財閥支配との關係 / 55
  • 第三章 我が銀行界に於ける獨占の發展 / 72
  • 第一節 日本に於ける銀行集中の一般的趨勢と其意義 / 72
  • (A) 銀行業大規模化の一般的趨勢 / 72
  • (B) 銀行支店制度の發展と政府の方針 / 88
  • 第二節 銀行合同の趨勢と其背景竝に結果 / 98
  • (A) 我國に於ける銀行合同の沿革及趨勢と其背景 / 98
  • (B) 最近に於ける銀行合同激化の理由と政府の合同强要政策 / 106
  • (C) 銀行合同の盛行と其影響 / 113
  • (D) 農工銀行の勸銀合併の盛行 / 120
  • 第三節 一流大銀行への預金集中激化と二流以下銀行の凋落 / 124
  • 第四節 銀行界に於ける金融財閥の支配網 / 135
  • (A) 普通銀行界に於ける財閥の支配網 / 135
  • (B) 貯蓄銀行其他に於ける財閥の勢力 / 149
  • 第五節 銀行界に於けるカルテル其他各種統制團體 / 152
  • 第四章 我國に於ける銀行資金の內容と其運用 / 174
  • 第一節 我が普通銀行に於ける資金の內容と各種の問題 / 174
  • 第二節 我が銀行資金の運用と其內容 / 184
  • (A) 全國銀行(普銀・貯銀・特銀)に於ける資金の運用方向 / 184
  • (B) 普通銀行の資金運用と其內容 / 191
  • (C) 普通銀行の資金運用と其金融技術 / 207
  • 第五章 信託會社の發展と其金融的地位 / 220
  • 第一節 信託會社の發展と其資金の運用 / 220
  • (A) 信託會社の發展と其結果 / 220
  • (B) 信託資金の增大と金融界への進出 / 230
  • 第二節 信託界に於ける大財閥の壓倒的勢力と其內容 / 233
  • 第六章 保險會社の發展と金融界への進出 / 244
  • 第一節 保險會社資力の發展と其運用 / 244
  • (A) 保險會社資力の發展と其運用 / 244
  • (B) 保險會社の金融界進出 / 261
  • 第二節 保險界の集中と大財閥獨占の進展 / 273
  • (A) 生命保險に於ける集中と大財閥の支配 / 273
  • (B) 損害保險界の大財閥獨占 / 281
  • 第七章 預金部の發展と其金融的位置 / 290
  • 第一節 預金部の沿革と其資金の增大 / 290
  • 第二節 預金部資金の運用內容と其の金融的位置の强大化 / 295
  • (A) 預金部資金の運用と其の內容 / 295
  • (B) 預金部の强大化と其の金融的位置 / 313
  • 第三節 簡易生命保險積立金の增大と其の運用(附錄) / 324
  • 第八章 日本の金融市場 / 327
  • 第一節 日本金融市場の槪觀 / 327
  • (A) 我が金融市場の構成 / 327
  • (B) 金融市場の改善運動 / 338
  • 第二節 我が短期金融市場 / 346
  • (A) 日本に於ける割引市場 / 346
  • (B) 我國のコール市場 / 356
  • (C) 我國に於けるビル・ブローカー / 375
  • 第三節 我國金融の季節的變動 / 382
  • 第四節 日本銀行の金融報告と其の見方 / 394
  • 第九章 日本の資本市場 / 417
  • 第一節 我が資本市場の構成 / 417
  • (A) 證劵發行(擬制資本化)と我が資本市場 / 417
  • (B) 證劵賣買と我が資本市場 / 424
  • (C) 起債市場の各種機關及團體 / 431
  • 第二節 有價證劵量の增大及其內容と資本市場 / 442
  • 第三節 償還不能社債の頻出と社債改革問題 / 455
  • (A) 償還不能社債の頻出と其改革運動の方向及實情 / 455
  • (B) 社債改革と金融資本家の產業支配問題 / 469
  • 第十章 金融資本家の產業支配と日本に於ける其現狀 / 476
  • 第一節 獨逸に於ける銀行資本の產業支配と其特殊事情 / 477
  • 第二節 我が銀行と產業金融の實際 / 493
  • (A) 日本に於ける銀行資本と產業資本との關係 / 493
  • (B) 我が銀行の正式產業金融進出と其特徵 / 501
  • 第三節 我が金融資本家の產業支配と其特殊現象 / 514
  • (A) 我が金融資本家の產業支配と其槪觀 / 514
  • (B) 金融資本家の自然發生的產業支配への進出 / 529
  • (C) 「金融資本」の名に於ける產業支配と日獨事情の差異 / 538
  • (D) 財閥に於ける金融資本と產業支配との關係 / 548
  • 第十一章 日本銀行の機能と其の變化 / 557
  • 第一節 日本資本主義現段階と日本銀行 / 557
  • 第二節 日銀の救濟銀行化と其の經緯 / 564
  • 第三節 救濟銀行と日銀の凋落 / 569
  • 第四節 日銀救濟銀行化再度の危機と其の意義 / 574
  • 第五節 中央銀行としての日本銀行の轉落 / 580
  • 第六節 日本銀行從來の資金利用內容(附錄) / 588
  • 第十二章 我が金融制度改善の基本眼目 / 607
  • 第一節 金利低下を目的とする金融制度の改善と其方法 / 608
  • 第二節 資金の利用效率の向上を目的とする金融制度の改善と其方法 / 615
  • 第三節 景氣不景氣の動搖防止を目的とする金融制度の改善と其方法 / 627
  • 第四節 預金者の利益擁護其他を目的とする金融制度の改善と其方法 / 635
  • 第五節 金融制度調査會の見た我が金融制度改善の方向 / 637
  • 附錄
  • 第一編 參考統計表
  • 第二編 各章統計索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本金融論
著作者等 高橋 亀吉
書名ヨミ ニホン キンユウ ロン
書名別名 Nihon kin'yu ron
出版元 東洋経済出版部
刊行年月 昭和6
ページ数 641, 36p
大きさ 23cm
NCID BN05365589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47014266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想