銀行預金業務判例研究

銀行研究社 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 預金證書及通帳
  • 一 當座預金通帳の性質 / 3
  • 二 記名持參人拂式定期貯金證書の性質 / 4
  • 三 支配人の認證捺印ある銀行當座勘定帳の證據力 / 9
  • 四 銀行預金通帳記載の訂正と其效力 / 13
  • 五 銀行の發行せる預金手形の信用證券性 / 17
  • 六 通帳を以てする定期預金取引と休日に於ける取引の效力 / 22
  • 七 印章を以てせさる預金名義變更の效力 / 29
  • 第二部 預金の受入れ
  • 一 定期預金契約成立の要件 / 33
  • 二 銀行預金契約の效力發生時期 / 39
  • 第三部 預金の支拂
  • 一 當座預金の引出と小切手 / 47
  • 二 銀行休業後の一部支拂行爲と破產法上の支拂停止 / 57
  • 三 破產法第七二條第二號に於ける詐害行爲事實の立證責任者 / 63
  • 四 支拂停止後に爲したる債務消滅に關する行爲と其の否認 / 68
  • 五 取立命令と轉付命令との差異 / 74
  • 六 銀行支店の預金に對する差押並轉付命令を本店に爲したる場合の效力 / 79
  • 七 僞造小切手に對する銀行の支拂と商慣習 / 83
  • 八 銀行の預金取引と其支拂の慣習 / 86
  • 九 不渡處分と交換所規則に所謂「信用に關する」の意義 / 89
  • 第四部 貯蓄預金
  • 一 貯蓄銀行取締役の責任の範圍 / 101
  • 二 貯蓄銀行法施行前の預金契約と取締役の責任 / 103
  • 三 貯蓄銀行取締役の責任と普通銀行取引 / 105
  • 第五部 預金の時效
  • 一 當座預金の消滅時效 / 109
  • 二 期限の定めなき預金の消滅時效起算點 / 118
  • 第六部 預金債權の讓渡及相殺
  • 一 讓渡禁止預金の契約解除と其の債權讓渡 / 123
  • 二 銀行預金契約の解除と讓渡禁止預金債權讓渡の效力 / 125
  • 三 相續に因る預金債權の移轉と其對抗力 / 129
  • 四 讓渡禁止の特約ある預金讓渡の效力と之れに依る相殺の適否 / 133
  • 五 預金債權の譲渡が解除された場合尚之が通知を要するか / 135
  • 六 破產宣告と相殺の禁止 / 139
  • 七 破產法第一〇四條と相殺の意思表示の時期 / 143
  • 第七部 雜問
  • 一 小切手の支拂保證契約と銀行の對第三者關係 / 149
  • 二 小切手に支拂拒絶證書作成に代はる記載を爲さしむべき時期 / 155
  • 三 假裝名義預金に對する擔保權の效力 / 159
  • 四 受任者個人の名義を以てせる預金と本人より銀行に對し其預金債權を主張するの可否 / 161
  • 五 當座勘定小切手契約の性質 / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 銀行預金業務判例研究
著作者等 銀行研究社
書名ヨミ ギンコウ ヨキン ギョウム ハンレイ ケンキュウ
シリーズ名 銀行研究 ; 第26巻 第4号
出版元 文雅堂
刊行年月 昭和9
ページ数 400p
大きさ 23cm
NCID BA43156672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46082706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想