戦時体制と日本

聯合情報社 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一 當面日本の實相 / 1
  • 東洋の安定勢力 / 1
  • 第二 殖える人口 / 6
  • 一 何が今日の實態を物語るか / 6
  • 二 國民生活上の根本的命題 / 9
  • 三 尨大な人口は如何に立働く / 11
  • 四 人口問題解決策 / 15
  • 五 移民政策の再檢討 / 21
  • 六 事變前の滿洲と事變後の滿洲 / 23
  • 第三 國富と國民所得 / 31
  • 一 國富一千一百億圓 / 31
  • 二 國民所得百六億圓 / 35
  • 第四 乏しい資源 / 39
  • 一 人口と並行せぬ物資 / 39
  • 二 準戰時體制色濃化の急 / 44
  • 第五 行政機構はどうなつてゐるか / 48
  • 一 權力者で事業家で消費者 / 48
  • 二 現在の行政機構 / 51
  • 第六 財政の膨脹ぶり / 63
  • 一 非常時から準戰時體制へ / 63
  • 二 馬場財政と結城財政 / 65
  • 三 寧ろ適切なる歳出豫算 / 78
  • 四 大局から見た純計豫算 / 90
  • 第七 特別會計のいろ[イロ] / 93
  • 一 豫算は外地の飛躍を語る / 93
  • 二 國營事業は黑字續き / 98
  • 三 特殊の國營事業 / 105
  • 第八 公債を解剖する / 111
  • 一 我國公債の現實相 / 111
  • 二 公債は何に使はれて來たか / 117
  • 第九 恩給は累增する / 125
  • 恩給制度改革の是非 / 125
  • 第十 地方財政調整の急務 / 130
  • 一 窮乏甚だしき農村 / 130
  • 二 不健全なる歳入 / 136
  • 三 根本的整理の解決點 / 141
  • 第十一 國防と陸軍 / 145
  • 一 國防力充實の意義 / 145
  • 二 ソ聯邦との關係 / 151
  • 三 中華民國との關係 / 163
  • 四 アメリカとの關係 / 170
  • 五 イギリスとの關係 / 173
  • 六 風滿樓の國際關係 / 177
  • 第十二 國防と海軍 / 187
  • 一 條約に拘束された我が海軍 / 187
  • 二 無條約時代と列國 / 197
  • 三 建艦競爭と我が對應策 / 202
  • 第十三 國防と總動員計畫 / 208
  • 一 思想戰に對する用意 / 208
  • 二 物質戰に對する準備 / 212
  • 三 總動員と勞働統制 / 215
  • 第十四 軍事費と列國 / 220
  • 滔々たる軍擴の風潮 / 220
  • 第十五 產業の展望 / 222
  • 一 驀進しつゝある我が產業 / 222
  • 二 俄然「鐵饑饉」時代到來 / 229
  • 三 鐵鋼對策と大勢的要求 / 233
  • 四 貧血的狀態にある石油 / 239
  • 五 痛切なる石油對策 / 240
  • 六 我が電力界の現狀 / 246
  • 七 電力統制强化の政府案 / 250
  • 八 軍需產業の統制 / 252
  • 九 戰爭一歩手前の食料統制 / 262
  • 第十六 金融機構と金融統制 / 272
  • 一 金融機構の吟味 / 272
  • 二 公債消化と生產力充實 / 281
  • 第十七 貿易の統制 / 296
  • 一 排日壁裡の我が貿易 / 296
  • 二 貿易振興と輸入統制 / 301
  • 第十八 交通通信機關の威力 / 308
  • 一 準戰時下の海運政策 / 308
  • 二 緊要なる航空政策の確立 / 314
  • 三 進展の餘地ある陸運 / 319
  • 四 日進月歩の通信事業 / 321
  • 第十九 社會政策をどうする / 324
  • 一 準戰强行による社會問題 / 324
  • 二 物價騰貴の脅威囘避策 / 327
  • 三 國民體位の低下と保健政策 / 329
  • 第二十 日滿產業ブロツク / 333
  • 一 日滿產業の不可分性 / 333
  • 二 產業統制と產業計畫 / 337
  • 第二十一 準戰時體制より戰時體制へ / 342
  • 時は遂に來れり / 342

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦時体制と日本
著作者等 聯合情報社
書名ヨミ センジ タイセイ ト ニホン
出版元 聯合情報社
刊行年月 昭12
ページ数 343p
大きさ 24cm
全国書誌番号
46061347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想