民法大要  相續

石田文次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 1
  • 第一節 相續の形態 / 1
  • 第二節 法定相續の形態 / 4
  • 第三節 自由相續の形態 / 7
  • 第四節 法定單獨相續の形態 / 9
  • 第五節 法定相續に於ける三主義 / 12
  • 第六節 我民法の相續制 / 14
  • 本論 / 17
  • 第一章 家督相續 / 17
  • 第一節 總說 / 17
  • 第二節 家督相續の開始 / 18
  • 第三節 家督相續人 / 22
  • 第一款 相續能力 / 22
  • 第二款 相續缺格 / 23
  • 第三款 法定推定家督相續人 / 25
  • 第四款 法定推定家督相續人の順位 / 26
  • 第五款 法定推定家督相續人の廢除 / 35
  • 第六款 指定家督相續人 / 38
  • 第七款 第一種の選定家督相續人 / 43
  • 第八款 直系尊屬の逆相續 / 46
  • 第九款 第二種の選定家督相續人 / 47
  • 第四節 家督相續の效力 / 48
  • 第一款 死後相續 / 48
  • 第二款 生前相續 / 49
  • 第二章 遺產相續 / 55
  • 第一節 遺產相續の意義並に開始 / 55
  • 第二節 遺產相續人 / 57
  • 第三節 遺產相續の效力 / 59
  • 第四節 遺產の共同相續 / 60
  • 第一款 共同相續の性質 / 60
  • 第二款 相續財產に對する共同相續人の權利義務 / 63
  • 第三款 相續債務に對する共同相續人の責任 / 65
  • 第四款 相續分 / 66
  • 第五款 遺產の分割 / 70
  • 第三章 相續財產の侵害に對する相續人の請求權 / 73
  • 第一節 總說 / 73
  • 第二節 相續囘復請求權 / 77
  • 第四章 相續の承認及び抛棄 / 82
  • 第一節 總說 / 82
  • 第二節 單純承認 / 89
  • 第三節 限定承認 / 91
  • 第四節 抛棄 / 96
  • 第五章 財產分離 / 98
  • 第六章 相續人の曠缺 / 104
  • 第七章 遺言 / 108
  • 第一節 遺言の意義及び遺言能力 / 108
  • 第二節 遺言の方式 / 110
  • 第一款 總說 / 110
  • 第二款 普通方式 / 111
  • 第三款 特別方式 / 116
  • 第三節 遺言の效力 / 120
  • 第四節 遺言の撤囘 / 122
  • 第五節 遺贈 / 125
  • 第一款 遺贈の意義及び種類 / 125
  • 第二款 遺贈の效力發生時期 / 126
  • 第三款 遺贈の承認及び抛棄 / 127
  • 第四款 受遺能力 / 129
  • 第五款 包括遺贈 / 129
  • 第六款 特定遺贈 / 130
  • 第七款 負擔附遺贈 / 134
  • 第六節 遺言の執行 / 136
  • 第八章 遺留分 / 141
  • 條文索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法大要
著作者等 石田 文次郎
書名ヨミ ミンポウ タイヨウ
巻冊次 相續
出版元 有斐閣
刊行年月 昭12至14
ページ数 6冊
大きさ 23cm
全国書誌番号
46074373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想