経済学の実際知識

高橋亀吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 一國の繁榮と自然 / 1
  • 第一節 總說 / 1
  • 第二節 氣候及地勢と經濟の發逹 / 3
  • 第三節 一國の資源と產業發逹の制限 / 4
  • 第四節 人口と一國の經濟 / 11
  • 第二章 現代經濟組織の基本 / 22
  • 第一節 個人主義經濟 / 22
  • 第二節 經濟活動の方針の決定 營利主義 / 28
  • 第三節 經濟活動の統制 投機主義 / 35
  • 第四節 經濟活動の有效無效の證明 貨幣經濟 / 45
  • 第五節 資本家と勞働者の分化 賃銀勞働制度 / 51
  • 第六節 資本家の經濟的廢位 / 55
  • 第三章 需要供給の無意識調節 / 60
  • 第一節 需給の自働調節としての競爭 / 60
  • 第二節 商業競爭の實質の變化 / 67
  • 第三節 物價騰落の機能 / 74
  • 第四節 景氣不景氣の去來 / 79
  • 第五節 失業 / 85
  • 第四章 需要供給の意識的調節 / 93
  • 第一節 獨占及トラスト / 93
  • 第二節 事業の結合 / 99
  • 第三節 金融の人爲的調節(上) / 101
  • 第四節 金融の人爲的調節(下) / 111
  • 第五節 輸出入の調節(上) / 121
  • 第六節 輸出入の調節(下) / 129
  • 第七節 需要供給の政府管理 / 133
  • 第八節 結論 / 138
  • 第五章 富の保存及增殖 / 140
  • 第一節 富の保存及增殖が重大問題たる譯 / 140
  • 第二節 富の任意的增殖 節約及其の擔當者 / 141
  • 第三節 富の强制的增殖(上) 利子及利益 / 149
  • 第四節 富の强制的增殖(下) 租税其他の公課及國有 / 154
  • 第六章 貨幣現象(上) / 160
  • 第一節 購買力としての貨幣 / 160
  • 第二節 通貨の膨脹及收縮と其影響(上) / 170
  • 第三節 通貨の膨脹及收縮と其影響(下) / 183
  • 第四節 通貨膨脹の原因と徑路 / 196
  • 第七章 貨幣現象(下) / 210
  • 第一節 金の過多と通貨膨脹 / 210
  • 第二節 外資の輸入と通貨膨脹 / 225
  • 第三節 通貨收縮の徑路 / 231
  • 第四節 通貨の供給方法 / 243
  • 第五節 貨幣價値の三相(一) / 248
  • 第六節 貨幣價値の三相(二) / 252
  • 第七節 貨幣價値の三相(三) / 262
  • 第八章 銀行と信用 / 270
  • 第一節 銀行の機能及其進化 / 270
  • 第二節 中央銀行 / 279
  • 第三節 商業銀行 / 299
  • 第四節 投資銀行 / 320

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済学の実際知識
著作者等 高橋 亀吉
書名ヨミ ケイザイガク ノ ジッサイ チシキ
書名別名 Keizaigaku no jissai chishiki
出版元 白揚社
刊行年月 1934
版表示 23版
ページ数 333p
大きさ 19cm
NCID BN09602460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70027679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想