日本国家主義運動史

木下半治 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序文
  • 第一章 日本國家主義運動前史 / 1~34
  • 第一節 先驅者時代 / 1~11
  • 第二節 歐洲大戰による社會的變動 / 12~34
  • 第二章 近代的國家主義への行進 / 35~90
  • 第一節 國民社會主義運動の生誕 / 35~58
  • 第二節 恐慌の進化と國家主義の昂揚 / 59~90
  • 第三章 滿洲事變による社會的大轉換 / 91~202
  • 第一節 滿洲事變と新政治勢力の擡頭 / 91~124
  • 第二節 血盟團事件 / 125~133
  • 第三節 五・一五事件 / 134~155
  • 第四節 無產政黨の轉向 / 156~202
  • 第四章 昂揚より沈滯へ / 203~224
  • 第一節 國家社會主義運動の退潮 / 202~219
  • 第二節 神兵隊事件 / 220~224
  • 第五章 運動再建への努力 / 225~263
  • 第一節 國家主義團體の統一の企圖 / 225~238
  • 第二節 民間國家主義團體の沈滯と政治の底流 / 240~263
  • 第六章 二・二六事件を中心として / 265~329
  • 第一節 二・二六事件前の情勢 / 265~290
  • 第二節 二・二六事件の經緯 / 291~315
  • 第三節 二・二六事件の處置 / 316~325
  • 第七章 二・二六事件後の國家主義陣營 / 331~436
  • 第一節 統一運動の二潮流 / 331~346
  • 第二節 愛國勞働團體の統一運動 / 347~362
  • 第三節 勞農協議會運動 / 363~370
  • 第四節 國家主義靑年分子の統一運動 / 371~379
  • 第五節 三六倶樂部を中心とする運動 / 380~436
  • 第八章 支那事變以前の統一運動 / 437~486
  • 第一節 政局の動搖 / 437~445
  • 第二節 膺徵解散と議會派・反議會派の抗爭 / 446~460
  • 第三節 近衞內閣の出現 / 461~470
  • 第四節 時協對政革の對立の公然化 / 471~475
  • 第五節 日本革新黨の成立 / 476~486
  • 第九章 支那事變と愛國運動 / 487~557
  • 第一節 事變による激動 / 487~500
  • 第二節 無產團體の轉向 / 501~513
  • 第三節 大日本靑年黨における變動 / 514~521
  • 第四節 電力國家管理案の登場と國家主義團體の態度 / 522~539
  • 第五節 日本革新黨のその後の活動 / 540~557

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本国家主義運動史
著作者等 木下 半治
書名ヨミ ニホン コッカ シュギ ウンドウシ
出版元 慶応書房
刊行年月 昭14
版表示 増補改訂版
ページ数 557p
大きさ 19cm
NCID BN06112410
BN10543799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想