支那覚え書

法本義弘 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 滯支見聞控
  • 在支外交官と支那 / 3
  • 軍人と外交との話 / 19
  • 唐家の子供たち / 34
  • 乞丐の居る風景 / 46
  • 現代を超越した人達 / 52
  • 房山旅行の挿話 / 58
  • 遙かに北京村を想ふ / 65
  • 支那覺え書
  • 日本通と支那通 / 77
  • 支那は戰場である / 80
  • 對支文化工作尙早論 / 83
  • 支那へ醫療班を送れ / 87
  • 文化事業部への批難 / 90
  • 文化協議會と文部省 / 94
  • 文化協議會と二次大會 / 97
  • 支那學者を呵る / 101
  • 經濟開發の先決要件 / 105
  • 北支敎育機關の復活 / 111
  • 日支兩國の語學敎育 / 114
  • 日支結婚反對論 / 118
  • 漢字廢止論の退却 / 121
  • 對支工作の至難 / 124
  • 支那の傳統を利用せよ / 127
  • 支那人を甘やかす勿れ / 130
  • 日本第一、支那は第二 / 133
  • 利するものは支那なり / 136
  • 北京に入りて / 139
  • 北支に入りて / 142
  • 山西炭の利用方法 / 145
  • 石炭以外の北支物資 / 151
  • 支那人の自尊性 / 154
  • 日章旗と支那人 / 157
  • 日本婦人と支那語 / 161
  • 支那人の殘虐性 / 164
  • 徐鴻寶氏の逃亡 / 167
  • ハルビンの中學生 / 170
  • 第二世と其の親 / 174
  • 或る客人のはなし / 177
  • 大陸經營の人材 / 182
  • 支那の學問の話 / 186
  • 西直門內の人柴五郎 / 192
  • 布子着た支那の兵士 / 198
  • 日支同文ものがたり / 204
  • 北京風聞雜記
  • 村に歸へる靑大人 / 211
  • 村に歸つた靑大人 / 235
  • 北京留學生覺え書 / 255
  • 或る日本婦人の話 / 273
  • 北京の學生達の話 / 305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那覚え書
著作者等 法本 義弘
書名ヨミ シナ オボエガキ
書名別名 Shina oboegaki
出版元 蛍雪書院
刊行年月 1943
ページ数 328p
大きさ 18cm
NCID BN04013644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60012600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想