西山庸平著作集  第2-10 學習概論

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 生活としての學習 / 1
  • 一 生物學的生活 / 2
  • 二 意識的生活 / 12
  • 三 學習としての生活 / 18
  • 第二章 學習としての試錯作用 / 39
  • 一 試錯と研究との區別 / 39
  • 二 試錯と研究との關係 / 41
  • 三 研究の原型としての試錯 / 43
  • 四 學習の物理的意義 / 52
  • 五 試錯の敎育的意義 / 60
  • 第三章 學習としての合理作用 / 73
  • 一 學習の合理化 / 73
  • 二 判斷としての學習 / 82
  • 三 統覺としての學習 / 103
  • 第四章 體驗としての學習 / 125
  • 一 學習の情意的要素 / 125
  • 二 主觀と客觀 / 129
  • 三 ノエジスとノエマ / 133
  • 第五章 人爲的學習 / 137
  • 一 人爲的學習には芝居じみた所がある / 151
  • 二 人爲的學習の場合には持前として摸倣がはたらく / 153
  • 三 人爲的學習は特に社會的色彩に富む / 158
  • 第六章 人爲的學習とその社會性 / 159
  • 一 學習の社會性 / 159
  • 二 學級生活としての學習 / 162
  • 三 人爲的學習の動機 / 165
  • 四 學習指導と學級經營 / 174
  • 第七章 學習の過程(上) / 179
  • 一 當境 / 179
  • 二 困惑 / 180
  • 三 想定 / 187
  • 四 檢證 / 192
  • 五 結論 / 196
  • 第八章 學習の過程(下) / 205
  • 一 人爲的學習と困惑 / 205
  • 二 人爲的學習と想定 / 214
  • 三 人爲的學習と檢證 / 218
  • 四 一齊的點檢 / 225
  • 五 學習と創作敎育 / 238
  • 六 學習と鑑賞敎育 / 239
  • 第九章 學習と筋肉作用 / 241
  • 第十章 學習の類型 / 255
  • 一 生活の場所から見た學習の分類 / 255
  • 二 校內生活としての學習の分類 / 256
  • 三 その本質から見た學習の分類 / 263
  • 第十一章 摸倣的學習 / 271
  • 一 摸倣的動物としての人 / 271
  • 二 摸倣の學習としての意義 / 277
  • 三 摸倣と創作 / 279
  • 四 低級摸倣 / 287
  • 五 摸倣的學習の敎育的意義 / 301
  • 第十二章 發見的學習 / 305
  • 一 發見の學習としての意義 / 305
  • 二 發見と暗示 / 309
  • 三 發見と摸倣及び發明 / 314
  • 四 發見の敎育的意義並にその指導法 / 319
  • 第十三章 發明的學習 / 333
  • 一 發明と摸倣 / 333
  • 二 發明と發見 / 335
  • 三 想像作用としての發明 / 343
  • 四 發明の敎育的意義 / 349
  • 第十四章 學習と習慣 / 361
  • 一 意識の發祥 / 361
  • 二 統覺と把住 / 364
  • 三 學習か習慣か / 369
  • 四 習慣の敎育的意義 / 371
  • 五 學習卽習慣 / 376
  • 六 機械的訓練と論理的訓練 / 380
  • 七 機械的訓練の條件 / 389
  • 第十五章 結論 / 403

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西山庸平著作集
著作者等 西山 庸平
書名ヨミ ニシヤマ ヨウヘイ チョサクシュウ
巻冊次 第2-10 學習概論
出版元 雄文閣
刊行年月 昭和6
ページ数 9冊
大きさ 20cm
全国書誌番号
47024920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想