満洲現行警察強制の研究

福間透 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 第一章 警察强制總論 / 4
  • 第一節 警察强制の觀念 / 4
  • 第二節 警察强制の根據 / 7
  • 第三節 警察强制の手段 / 13
  • 第二章 身體の自由權の侵害 / 30
  • 第一節 身體の自由權の觀念 / 30
  • 第二節 犯罪人又は被疑者の逮捕 / 32
  • 第三節 警察檢束 / 39
  • 第四節 勾引(同行、引致) / 50
  • 第五節 監禁(留置) / 53
  • 第六節 審問(訊問、尋問) / 57
  • 第七節 處罰 / 64
  • 第八節 身體の搜索 / 83
  • 第九節 强制診斷及强制治療 / 86
  • 第十節 特定行爲の禁止制限 / 93
  • 第三章 住所安全權の侵害 / 105
  • 第一節 住所安全權の觀念 / 105
  • 第二節 住所安全權侵害の態樣 / 107
  • 第三節 家宅搜索 / 108
  • 第四節 家宅侵入 / 118
  • 第四章 居住移轉の自由の制限 / 123
  • 第一節 居住移轉の自由の觀念 / 123
  • 第二節 滿洲國人民に對する制限 / 125
  • 第三節 外國人に對する制限 / 128
  • 第五章 財產權の侵害 / 131
  • 第一節 財產權不可侵の觀念 / 131
  • 第二節 財產權侵害の態樣 / 133
  • 第三節 刑罰權に依る侵害 / 135
  • 第四節 警察權に依る侵害 / 141
  • 第六章 言論集會の自由の制限 / 158
  • 第一節 言論集會の自由の觀念 / 158
  • 第二節 集會の意義及種類 / 160
  • 第三節 集會に關する制限 / 166
  • 第四節 集會の禁止 / 178
  • 第五節 集會に於ける言論の制限 / 180
  • 第六節 集會の解散 / 201
  • 第七章 多衆運動及群集の制限 / 204
  • 第一節 多衆運動の觀念 / 204
  • 第二節 多衆運動に關する制限 / 207
  • 第三節 多衆運動の禁止 / 211
  • 第四節 多衆運動の解散 / 212
  • 第五節 群集に關する制限 / 214
  • 第八章 結社の自由の制限 / 216
  • 第一節 結社の自由の觀念 / 216
  • 第二節 結社に關する制限 / 222
  • 第三節 社員の除名及結社の解散 / 225
  • 第四節 結社の禁止 / 226
  • 第九章 出版の自由の制限 / 228
  • 第一節 出版の自由の觀念 / 228
  • 第二節 出版物發行に關する制限 / 229
  • 第三節 出版物の內容に關する制限 / 233
  • 第四節 出版物の發賣頒布禁止及差押 / 238
  • 第五節 其の他の行政處分 / 242
  • 〔附錄〕
  • 治安警察法 / 245
  • 暫行懲治叛徒法(抄) / 250
  • 行政執行法 / 250
  • 接客業者其ノ他衞生上取締ヲ要スル者ノ健康診斷規則 / 254
  • 行政執行法施行令(抄) / 256
  • 違警罪即決法 / 257
  • 違令罰基準法 / 262
  • 外國旅劵規則(抄) / 263
  • 外國人入國取締規則 / 264
  • 外國人居留證明書發給規則(抄) / 265
  • 外國勞働者取締規則(抄) / 267

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 満洲現行警察強制の研究
著作者等 福間 透
書名ヨミ マンシュウ ゲンコウ ケイサツ キョウセイ ノ ケンキュウ
出版元 春陽堂書店
刊行年月 昭和15
ページ数 270p
大きさ 19cm
NCID BB02641200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44001385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想