新体制の原則 : 興亜学の基調

三宅直一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 緖言 / 1
  • 二 舊態依然 / [2]
  • 一 欺瞞におちる / 2
  • 二 指導者の責任 / 3
  • 三 恨みのボーナス / 5
  • 四 庶民冷遇 / 6
  • 五 階級性の固執 / 8
  • 三 この問題はどうなるか / [9]
  • 一 敎育問題 / 9
  • 二 農村問題 / 12
  • 三 政治の型と議會 / 14
  • 四 官僚と政治家 / 18
  • 五 卑屈な國民か / 22
  • 四 新体制の原則 / [25]
  • 一 大化の革新 / 25
  • 二 鎌倉幕府の革新 / 27
  • 三 德川幕府の革新 / 30
  • 四 上杉鷹山の革新 / 36
  • 五 河井繼之助の革新 / 39
  • 六 明治維新 / 42
  • 七 新体制の原則 / 43
  • 五 緊急對策 / [48]
  • 一 國民の病弱と娯樂 / 48
  • 二 結婚と婦人への國策 / 50
  • 三 國民の生活保障 / 52
  • 四 外交問題 / 54
  • 五 新体制の經濟 / 57
  • 六 政治家と官僚の榮譽 / [61]
  • 一 政治學の第一課 / 61
  • 二 新体制の布石 / 64

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新体制の原則 : 興亜学の基調
著作者等 三宅 直一郎
書名ヨミ シンタイセイ ノ ゲンソク : コウアガク ノ キチョウ
出版元 名古屋文教協会
刊行年月 昭和15
ページ数 67p
大きさ 19cm
NCID BB17744750
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44031326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想