日本精神と国史教育論

石井権四郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 理論篇
  • 第一章 日本精神槪説 / 1
  • 第二章 目的論 / 17
  • 一 國民教育の目的 / 17
  • 二 國史教育の目的 / 27
  • 第二篇 教材篇
  • 第三章 教材観 / 40
  • 教材観序説
  • 一 統正史學と應用史學 / 41
  • 二 教材観槪説 / 47
  • 第四章 道德教材特有の本貭と其の取扱上の留意点 / 52
  • 一 國民道徳論 / 52
  • 二 我が國体及び皇室論 / 60
  • 三 忠君教材論 / 70
  • 四 儒教思想と國民道德 / 78
  • 五 西洋思想と國民道德 / 84
  • 六 道德教材取扱上の要点 / 100
  • 第五章 宗教々材の特貭と其の取扱上の留意点 / 103
  • 一 我が國民固有の敬神思想 / 103
  • 二 佛教の傳來と其の影響 / 113
  • 三 基督教の輸入と其の影響 / 139
  • 四 宗教々材取扱上の要点 / 143
  • 第六章 政治教材の特質と其の取扱上の留意点 / 146
  • 一 我が國は天皇御親政に在します / 146
  • 二 變態政治の槪観 / 148
  • 三 政治教材取扱上の要点 / 159
  • 第七章 軍事教材の特貭と其の取扱上の留意点 / 162
  • 一 軍事教材の特質 / 162
  • 二 武士道槪観 / 170
  • 三 軍事教材取扱上の要点 / 185
  • 第八章 経濟状態の特質と取扱上の要点 / 187
  • 一 人生と経濟 / 187
  • 二 農業の歷史的観察 / 188
  • 三 商工業の歷史的観察 / 194
  • 四 経濟教材取扱上の要点 / 199
  • 第九章 藝術教材の特質と取扱上の要点 / 203
  • 藝術とは何ぞや / [203]
  • 一 國文學の槪観 / 204
  • 二 美術工藝 / 212
  • 三 藝術教材取扱上の要点 / 215
  • 第三篇 實際篇
  • 第十章 國史學習方法理論的根據 / 217
  • 一 理會の問題 / 217
  • 二 批判の問題 / 229
  • 三 自己陶冶の問題 / 230
  • 第十一章 實際的理會の姿態 / 235
  • 一 自學主義と説活主義 / 235
  • 二 理會活動練成上の諸注意点 / 246
  • 三 理會を助ける方便物につきて / 251
  • 第十二章 實際的批判の姿態 / 254
  • 一 批判の種類 / 254
  • 二 批判上の留意点 / 265
  • 第十三章 實際的自己陶冶の姿態 / 269
  • 第十四章 方法論上の結論 / 274

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本精神と国史教育論
著作者等 石井 権四郎
書名ヨミ ニホン セイシン ト コクシ キョウイク ロン
出版元 天津尋常高等小学校
刊行年月 昭和9
ページ数 278p
大きさ 23cm
全国書誌番号
44043222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想