明日の大陸

竹中吉郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 卷頭序
  • 戰後の大陸日本 鮎川義介 / 11~12
  • 再建蒙古と日蒙提携 蒙古・德王 / 13~14
  • 自序 / 15~16
  • 極東北進論 / 19~30
  • 對世界政策
  • 宿命的對立の複雜
  • 抗日猶太財閥の核心を衝く / 31~49
  • 猶太の力の偉大
  • 猶太の偉力
  • 防共の副作用
  • 英國侵略の前哨兵
  • 上海の猶太陣容
  • 上海猶太倶樂部
  • ジユーナイテツド體嗅
  • 盟主論
  • 防共線上の滿洲猶太 / 51~61
  • 反共の大示威
  • 北鐵接收後
  • ハルビンの恐怖
  • 極東猶太人民會議
  • 巨砲的日本外交を要請 / 63~68
  • 新日本主義
  • 快刀亂麻
  • 明日の課題西比利亞獨立 / 69~76
  • 極東區の黃金系譜學 / 77~85
  • プリヤート・蒙古の點描 / 87~92
  • コロバイル蒙古の生活 / 93~102
  • 武裝した國境の機敏 / 103~106
  • 赤の大物フラツシユ / 107~116
  • スターリンと語る
  • 赤色外交の再出發
  • 暗殺戰術の驚動力 / 117~121
  • 暗殺驚動の再深化 / 123~127
  • ソ聯はいよ[イヨ]絶大 / 129~132
  • ソ聯新聞雜誌の妖笑僞笑 / 133~142
  • 滿洲篇
  • 滿洲守備隊 / 143
  • 著者寸言 / 145
  • 未來の經濟眞理へ / 147~148
  • 献げよ祖國へ / 149~152
  • 滿洲農村の感觸
  • 滿人雜居の永豊區
  • 北滿農業の感觸 / 153~167
  • 模範村
  • 人柱
  • 黎明に鳴る分村問題
  • 日本と大陸農業の動向
  • 滿洲國の治安情況 / 169~184
  • 匪賊情勢
  • 各地の匪勢
  • 民衆の匪賊に對する觀念
  • 匪賊の棲息地域
  • 治安肅正の槪況
  • 皇軍の活動
  • 滿洲國軍討伐の狀況
  • 保甲制度實施の狀況
  • 武器囘收と潜伏匪賊檢擧の狀況
  • 集團部落の構築
  • 鐵路愛護運動の狀況
  • 遠征產金戰線 / 185~191
  • 極東風雲の滿鐵堅陣 / 193~203
  • 流言漫語の惡性
  • 奢る平家に非ず
  • 滿洲の海舟
  • 英雄英雄を知る
  • 滿鐵今後の使命
  • 國產あじあの快速
  • 滿洲國版日產コンツヱルン / 205~212
  • 建國理想の具現
  • 外資輸入の躓き
  • 馬賊の表彰
  • 滿中銀行と銀本位制 / 213~217
  • 三河地方の白系露人聚落 / 219~224
  • 南北兩部の異色
  • 三河地方の軍事經濟價値
  • 喇嘛の大藝術 / 225~233
  • 永眠の地下寶庫
  • 美術の探求
  • 漢民族への備へ
  • 承德の將來
  • 蒙旗自治と興安軍 / 235~241
  • 滿蒙の軋轢
  • 蒙旗自治要求
  • 蒙旗財源
  • 司法、警察、宗敎
  • 純蒙の旗制確立
  • 蒙古兵の興安軍
  • 輝く高樓協和會 / 243~246
  • 政治的實踐機關
  • 其生成と發達
  • 協和行進曲

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明日の大陸
著作者等 竹中 吉郎
書名ヨミ アス ノ タイリク
出版元 日本新時代社
刊行年月 昭13
ページ数 254p
大きさ 19cm
NCID BA41517328
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46044588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想