近世の仏教 : 華ひらく思想と文化

末木文美士 著

これまで「仏教は近世には堕落し、儒教に取って代わられた」とされてきた。しかし、中国からの黄檗宗の影響や出版文化の隆盛により、仏教は民衆世界にまで大きく華ひらいていた。いま新しい近世仏教のすがたを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世仏教を見なおす-プロローグ
  • 中世から近世へ
  • 開かれた近世
  • 思想と実践
  • 信仰の広がり
  • 近世から近代へ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世の仏教 : 華ひらく思想と文化
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ キンセイ ノ ブッキョウ : ハナ ヒラク シソウ ト ブンカ
書名別名 Kinsei no bukkyo
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 300
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.7
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05700-4
NCID BB02400226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想