重商主義経済学説研究

高橋誠一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖言 / 3~42
  • 第一編 貿易論 / 43~214
  • 第一章 ブリオニズムとマーカンチリズム / 43~133
  • 第二章 特殊貿易平衡論と一般貿易平衡論 / 134~187
  • 第三章 貿易平衡論の倒壞 / 188~214
  • 第二編 貨幣及び價格學說 / 215~434
  • 第一章 第十六世紀の貨幣論 / 215~251
  • 第二章 第十七世紀の效用價値說と勞働價値說 / 252~270
  • 第三章 英國に於ける貨幣改鑄によりて喚起せられたる貨幣論爭 / 271~386
  • 第四章 貨幣定量說 / 387~416
  • 第五章 土地證券貨幣論及び費用價値學說の發展 / 417~434
  • 第三編 利子論 / 435~612
  • 第一章 中世的徴利禁止意見よりの解放 / 435~477
  • 第二章 利率法定論爭 / 478~533
  • 第三章 所謂「自由貿易論者」の利子學說 / 533~597
  • 第四章 自然利率論 / 598~612
  • 第四編 人口學說 / 613~687
  • 第一章 人口過多の危惧と人口減退の恐怖 / 613~628
  • 第二章 人口統計の先驅 / 629~642
  • 第三章 國富と人口 / 643~671
  • 第四章 人口對食料及び職業の問題 / 672~687
  • 第五編 勞働及び賃銀論 / 689~762
  • 第一章 近世初期の失業問題 / 689~669
  • 第二章 授產所の設立による貧民の就業 / 700~717
  • 第三章 會社組織を以つてする勞働利用案 / 718~741
  • 第四章 勞働强制權 / 742~749
  • 第五章 生存費賃銀說 / 750~762
  • 第六編 政治算術と倫理哲學 / 763~892
  • 第一章 政治算術 / 763~808
  • 第二章 實證的經濟論の一典型 / 809~819
  • 第三章 倫理哲學 / 820~892

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 重商主義経済学説研究
著作者等 高橋 誠一郎
書名ヨミ ジュウショウ シュギ ケイザイ ガクセツ ケンキュウ
出版元 改造社
刊行年月 昭15
版表示 改訂
ページ数 891, 11p
大きさ 23cm
NCID BA42599044
BA64005482
BN07635334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46057203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想