明治初期社会経済思想史

加田哲二 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序篇 研究方法及び槪觀 / 1
  • 第一章 社會經濟思想研究法の要領 / 3
  • 第二章 明治初期社會經濟思想發展の槪觀 / 21
  • 第一篇 明治社會經濟思想の前夜 / 53
  • 第一章 德川封建的社會體制の本質 / 55
  • 第二章 鎖國政策の意義 / 85
  • 第三章 封建的社會體制における矛盾 / 100
  • 第四章 西力東漸と合衆國艦隊の來航 / 110
  • 第五章 攘夷論の源泉と開國貿易論 / 136
  • 第六章 米艦來航以後の攘夷・開國論 / 154
  • 第七章 開國文明論の發展 / 191
  • 第二篇 明治社會經濟思想の黎明 / 241
  • 第一章 維新を中心とする政治形態論爭 / 243
  • 第二章 自由主義の發展 / 301
  • 第三章 西洋文明觀 / 317
  • 第四章 合理主義學問論 / 328
  • 第五章 文明論の社會觀 / 346
  • 第六章 自由主義經濟學の發展 / 362
  • 第七章 自由主義經濟學者・田口卯吉 / 380
  • 第八章 明治政府の文明政策 / 393
  • 第九章 明治政府の經濟政策 / 428
  • 第十章 文明開化論 / 449
  • 第三篇 自由主義の批判 / 465
  • 第一章 自由貿易主義の批判 / 467
  • 第二章 文明政策に對する士族の反抗 / 484
  • 第三章 文明政策に對する農民の反抗 / 515
  • 第四章 保守反動の經濟論 / 533
  • 第四篇 自由民權の政治及び經濟論 / 555
  • 第一章 民撰議院論爭 / 557
  • 第二章 自由民權論及び運動 / 582
  • 第三章 天賦人權論爭 / 603
  • 第四章 自由民權運動と中下層民 / 627
  • 第五章 自由民權の經濟論 / 642
  • 第五篇 國民主義經濟論 / 689
  • 第一章 國家主義とその經濟論 / 691
  • 第二章 條約改正と經濟論 / 717
  • 第三章 國民主義の經濟思想 / 740
  • 第六篇 社會問題の認識 / 765
  • 第一章 勞働者問題の認識 / 767
  • 第二章 社會主義の認識 / 803
  • 第三章 社會政策論の形成 / 862
  • 第七篇 明治初期社會經濟思想文獻大要 / 875

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治初期社会経済思想史
著作者等 加田 哲二
書名ヨミ メイジ ショキ シャカイ ケイザイ シソウシ
書名別名 Meiji shoki shakai keizai shisoshi
出版元 岩波書店
刊行年月 昭12
ページ数 916p
大きさ 23cm
NCID BN05869709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46074397
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想