聖天皇と第一帝国

新見竜王 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 天籟 / 1~34
  • 一 仁德天皇=太平御代-規制原理の亂壊=非太平-大御心の顯隱 / 1~13
  • 二 世界各國の現狀=規制原理的根幹性制度未立時代の懊惱-建設と日本固有の考想方式 / 13~23
  • 三 建設方途發見の不能と異考想方式-敎育勅語と五箇條御誓文の指示 / 24~29
  • 四 日本に於ける舶來考想の漸深と變遷=日本に於ける社會狀態の變轉と建設方途發見 / 29~35
  • 五 考想方式と規制原理の含非-正勞無作生活の不能-天地公道の本質-米價 / 36~43
  • 六 大御心意識の消長と農村の貧富=規制原理の隆頽ど農民の苦樂 / 43~49
  • 七 財所有の意義-財の授受-天地公道と經濟-精神作興=大御心意識の强化 / 50~58
  • 八 善惡遺忘考想方式と社會慌亂-大御心意識の慧解と人類救濟 / 59~68
  • 九 模倣の卑劣心-考想方式の優劣とその判斷-判斷典據=大御心-考想的獨立 / 68~78
  • 一〇 日本固有の考想方式=國意-日本固有の國體の本質-浮游性考想=無原理考想 / 78~87
  • 一一 思想問題の本質-明治天皇と農村=正考想-異考想 / 87~95
  • 一二 現在の法治-現代慌亂の眞因-未制度化事項の發見=天地公道と制度 / 96~104
  • 一三 規制原理-理想實體學-理想實現學-宗敎-儒敎 / 105~112
  • 一四 道德の本質-法律の規制力-法律の源泉-天地公道の不變性 / 113~124
  • 一五 祈りの本義-大帝の御祈=萬民保全の至誠-大御心意識と現代 / 124~133
  • 一六 同胞保全の本心=規制原理的智情意-正義-社會の本質-大帝の御獨創と御至誠 / 134~140
  • 一七 善政の意義及方法發見-大御心意識の正誘導力-妙好國土の自然完成=皇謨翼賛 / 141~148
  • 一八 日本國民たる資格=國意の有否-善制度の善誘性-不全制度の惡誘性 / 149~156
  • 一九 精神と禽獸心=異考想と正考想-日本國民と大御心意識の明化 / 157~162
  • 二〇 大御心の具足性-報律放鄭の發見-異考想の不感識性 / 163~168
  • 二一 大帝と正制度-不當取得の發見-規制原理的智情意の直覺作用 / 168~174
  • 二二 相互不可犯=平和基底-强兵の妙術-社會の平和と心內の平和は大御心に歸一す-古聖の貴敎と治國力 / 174~182
  • 二三 眞理-眞理の陰影-治國力の强弱-正義-法治國-正義と大御心意識 / 183~190
  • 二四 批判の極點-正制度の創造-正制度創造の泉=大御心-不景氣打開の末技 / 190~198
  • 二五 誠=規制原理的智情意の極致-御勅語の慧解=人間の眞性發見-眞理到達-世界の太陽=日本帝國 / 199~204
  • 二六 誠の現實的作用=制度的事象の觀照-社會成立の原理=大帝と誠の道 / 205~211
  • 二七 日本獨立と世界光被-自由の本質=規制原理界の自由 / 211~220
  • 二八 大帝の御明哲-天地公道の內含と懇ろなる相談の本質-公道擁護の大任 / 221~225
  • 二九 議會-政黨-私的團結-獨裁の違律-公心の懇議 / 226~232
  • 三〇 考想の紛亂正整法=社會正化の具體案と其原理との提示 / 233~240
  • 三一 社會正化の手續-天地公道の第一指令 / 240~246
  • 三二 公道遺沒時代-正者剿失時代-日本國性の漸頽 / 246~251
  • 三三 御勅語實踐の眞意義と知情意の作用態樣-人間正化の一道 / 251~263
  • 三四 人間正化-社會正化-天地公道の內含と其指令的作用 / 263~271
  • 三五 末梢組織-根本組織-人類本然の太希と社會正化 / 271~277
  • 三六 正化案の公示=同胞への公談-平和なる改革 / 277~282
  • 三七 正組織化事項-經濟行爲の公道規制-眞の好景氣創造 / 282~290
  • 三八 異考想とその妄想-正考想の自然論理に於ける貨物とその價格 / 290~296
  • 三九 考想含有の整頓意志と整頓-資本主義の反整頓性-異考想の整頓力缺如 / 296~306
  • 四〇 天地公道と擔稅力考査-地租の性質 / 307~315
  • 四一 天地公道と物價の意義及其算定法 / 316~321
  • 四二 大御心意識の經濟論考に於ける指導力-萬民の眞保全と皇運の扶翼 / 321~329
  • 四三 天地公道と農業の正利潤 / 330~336
  • 四四 空前の社會慌亂と宗敎-宗敎の活動樣式 / 336~342
  • 四五 天地公道の內含とその作用 / 343~347
  • 四六 眞理-法則-天地公道-社會成立の原理 / 347~351
  • 四七 治國の意志-立法、司法、行政、敎育の精神=天地公道 / 352~357
  • 四八 公平の意義-貨物の公價-全同胞生活の決定的安定 / 358~366
  • 四九 一整頓案=五項整頓-七事辨証-神明のみ聲 / 367~379
  • 五〇 大御心と學制改革 / 380~387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 聖天皇と第一帝国
著作者等 新見 波蔵
新見 竜王
書名ヨミ セイ テンノウ ト ダイ1 テイコク
書名別名 Sei tenno to dai1 teikoku
出版元 新見波蔵
刊行年月 昭和10
ページ数 389p
大きさ 20cm
NCID BB06986022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
44054853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想