師道と弟子道

後藤三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 師道と弟子道の意義 / 1
  • 第一章 師說、弟子說 / 5
  • 第二章 師論 / 15
  • 第一節 敎育と理解 / 15
  • 第二節 意識と敎育 / 20
  • 第三節 道德敎育敎師論 / 23
  • 第四節 點晴 / 34
  • 第三章 中江藤樹と熊澤蕃山
  • 第一節 中江藤樹の師道 / 39
  • 第二節 熊澤蕃山の弟子道 / 52
  • 第三節 熊澤蕃山の師道 / 63
  • 第四節 熊澤蕃山の人となり / 73
  • 第四章 闇齋、絅齋、强齋の師弟道
  • 第一節 山崎闇齋の師道 / 77
  • 第二節 淺見絅齋の師弟道 / 98
  • 第三節 若林强齋の師弟道 / 106
  • 一 若林强齋の人物 / 106
  • 二 强齋の師道 / 108
  • 三 强齋の弟子道 / 119
  • 第五章 賀茂眞淵と本居宣長 / 137
  • 第六章 淡淵、平洲、鷹山の師道弟子道
  • 第一節 中西淡淵の師道と細井平洲 / 150
  • 第二節 細井平洲の師道と上杉鷹山 / 155
  • 第三節 平洲の人と師道論 / 161
  • 第七章 廣瀨淡窓とその塾敎育
  • 第一節 小傳 / 166
  • 第二節 敎育概況 / 167
  • 第三節 敎育の特色 / 169
  • 一 淡窓の謙德 / 169
  • 二 治めて後敎ふ / 171
  • 三 月旦法 / 174
  • 四 塾規 / 175
  • 五 役員 / 187
  • 六 敎授の方法 / 188
  • 七 治敎の反省 / 189
  • 八 敎育上の逸話 / 190
  • 九 門人 / 195
  • 第四節 淡窓の人となり / 196
  • 一 病弱と修養 / 197
  • 二 師家への報恩 / 203
  • 第八章 吉田松陰の師道とその門人
  • 第一節 松陰の師道 / 205
  • 第二節 松陰の人・思想及び敎育
  • 一 國體觀 / 211
  • 二 大丈夫觀 / 214
  • 三 死生觀 / 216
  • 四 修養 / 217
  • 五 敎育の抱負 / 220
  • 第三節 松門の人々 / 221
  • 第九章 杉浦重剛とその師道
  • 第一節 その人格
  • 一 家庭の感化 / 226
  • 二 恩師坦堂、麹廬、月洲 / 229
  • 三 江戶遊學とその後 / 231
  • 四 臨終 / 233
  • 五 逸話 / 235
  • 第二節 その敎育
  • 一 敎師及校長論 / 238
  • 二 稱好塾の敎育
  • (一) その精神 / 240
  • (二) その創設 / 242
  • (三) その規則・行事 / 242
  • (四) その敎育振 / 246
  • 第十章 夏目漱石の師道
  • 一 序 / 252
  • 二 松山中學敎師時代 / 252
  • 三 熊本五高敎授時代 / 256
  • 四 大學・一高講師時代 / 258
  • 五 理想の敎師 / 261
  • 六 木曜會 / 264
  • 結語 師弟道特に弟子道の振興へ / 268

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 師道と弟子道
著作者等 後藤 三郎
書名ヨミ シドウ ト デシドウ
書名別名 Shido to deshido
出版元 金港堂書籍
刊行年月 昭和17
ページ数 268p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46038380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想