近世藩法資料集成  第2巻

京都帝国大学法学部日本法制史研究室 編

[目次]

  • 目次
  • 序 / 2
  • 名例 / 3
  • 笞刑 / 3
  • 徒刑 / 4
  • 死刑 / 4
  • 扶持人犯事 / 13
  • 婦女犯事 / 20
  • 老人幼少之者犯事 / 21
  • 自ら罪狀を訴出 / 26
  • 頭取與黨之別 / 35
  • 二罪以上 / 38
  • 追放 / 41
  • 親戚相互罪人を掩匿す / 57
  • 姦罪 / 58
  • 本罪に罪名有之候共、情緖ニ因て輕重斟酌之事 / 58
  • 盜物 / 59
  • 再犯 / 64
  • 三百六十日を以一年とす / 83
  • 盜賊 / 87
  • 盜賊 / 87
  • 私欲 / 89
  • 强盜 / 99
  • 押取 / 102
  • 竊盜 / 104
  • 倉庫並堅完之所を破る / 127
  • 付火 / 143
  • 牛馬を盜 / 145
  • 田野之榖類菓瓜及山林之竹木を盜 / 152
  • 詐欺を以他人之物を取 / 153
  • 墳墓を發掘 / 154
  • 夜中無故して他人之家ニ入 / 155
  • 强盜竊盜之宿 / 156
  • 詐僞 / 160
  • 謀判 / 160
  • 僞書 / 163
  • 似せ往來 / 163
  • 金錢を僞鑄え / 164
  • 私に秤尺を造る / 166
  • 似せ役人 / 167
  • 詐て死と稱す / 168
  • 人を欺て法度を犯しむ / 169
  • 奔亡 / 170
  • 出奔 / 170
  • 扶持人出奔 / 180
  • 往來 / 182
  • 出奔人を送り境を出え / 184
  • 定法に背米穀雜物口屋を出え / 185
  • 他國胡乱者 / 187
  • 他國者之宿 / 201
  • 犯姦 / 203
  • 和姦 / 203
  • 强姦 / 207
  • 婦女を强而姦通せしむ / 208
  • 親族相姦 / 209
  • 有加減犯姦 / 211
  • 鬪毆 / 217
  • 鬪毆 / 217
  • 倶に謀て人を毆 / 220
  • 互に相毆 / 220
  • 私に人を制縳す / 221
  • 盜賊を毆 / 221
  • 扶持人を毆 / 223
  • 主を毆 / 226
  • 師を毆 / 226
  • 御殿內ニ而憤爭 / 227
  • 役人を毆 / 227
  • 親族相毆 / 228
  • 祖父母父母を毆 / 228
  • 祖父母父母非理に子孫を毆傷す / 229
  • 父祖を毆る / 229
  • 人命 / 231
  • 謀殺 / 231
  • 祖父母父母を殺 / 232
  • 親族を殺 / 234
  • 主を殺す / 234
  • 奉公人主を殺幷主奉公人を殺 / 235
  • 姦夫を殺 / 236
  • 盜賊を殺 / 237
  • 妖術毒藥を以人を殺 / 237
  • 鬪毆し及故らに人を殺 / 238
  • 故らに人を傷る / 241
  • 誤殺傷戲殺傷過殺傷 / 242
  • 人を威逼して死を致え / 244
  • 父祖殺さる / 244
  • 雜犯 / 245
  • 戶籍 / 245
  • 新に寺院を置 / 245
  • 役人之申付を背 / 246
  • 賦役不均 / 246
  • 出米銀 / 247
  • 犯事を掩隱ぞ / 248
  • 罪人を藏匿え / 249
  • 獄囚逃出 / 250
  • 博奕 / 260
  • 落し文 / 264
  • 云懸 / 265
  • 人商 / 269
  • 榜示 / 273
  • 妖言 / 273
  • 隱田 / 273
  • 婚姻 / 274
  • 父母之奉養を缺ク / 275
  • 非家長して家資を費用え / 276
  • 刺墨を除 / 277
  • 御定法ニ背 / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世藩法資料集成
著作者等 京都帝国大学
京都帝国大学法学部日本法制史研究室
書名ヨミ キンセイ ハンポウ シリョウ シュウセイ
書名別名 Kinsei hanpo shiryo shusei
巻冊次 第2巻
出版元 京都帝国大学法学部日本法制史研究室
刊行年月 昭和17-19
ページ数 3冊
大きさ 21cm
全国書誌番号
46036568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想